FC2ブログ

パーソナル着付教室

個人で着付教室に通ってくださっている生徒さんのお稽古で、今回10回目になります。
今日は小紋の着物着付と名古屋による一重太鼓の結び方を行ない、特に帯は新しい結び方に挑戦しました。
今までの結び方でも構いませんが、色々な方法があるので、そのうちのいくつかをご紹介させて頂き、ご自分に合った結び方を選んでいかれるとよいかと思います。

     
左肩に手先を預ける時に、帯の輪を自分側に向けて預け、一巻目を巻く時に、後ろで帯を半返して巻いていき、二巻目に入ったところで最初に返した折り口のところを左手でしっかり摘んで引き締めます。
こうすることによって、帯を引き締める時に左手で摘みやすくなり、また最後の処理の時に、簡単に輪を下にしてお太鼓の中に処理することができます。

                         
お太鼓を作る際の注意点として、後ろで仮紐を左右の手に渡して帯の下線に合わせてから、垂れを迎えにいくようにします。

     
今日の大きなポイントは、おはしょり の柄の出し方です。
最初に着付けた際、おはしょりの白い横線柄がちょうど下部の折れ線の部分にかかってしまっています(写真左上)。
2回目はウエストベルトをいつもより少し上の位置で締めてみると、気になっていた白い横線の柄が隠れました(写真右上)。
このように、ウエストベルトの位置によっておはしょりの柄が違ってきます。
しかし、あまり上にし過ぎると着物の裾が広がってしまう恐れがあるので、注意が必要です。

     
全体的にシックな色目に黄色の帯揚げと帯締めがアクセントになり、粋な和姿に仕上がりました。
今日は、ご自分で着付けた着物姿でミュージカル鑑賞へお出かけされました。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2