FC2ブログ

着付教室

二月一回目の着付教室のお稽古です。
今日は、紬の着付けと綴れ名古屋帯の一重太鼓の結び方を行ないました。


  
帯のお太鼓を後ろに持って行った際に、片手で手刀を切ると、余分な帯を巻き込まずに背中に乗せられます。
仮紐を持ちながら、垂れを両手の人差し指で調節してお太鼓の形を決めます。
決めた後に直す場合は、垂れから繋がっている折り上げの部分(背中側)を上に引くと垂れが短くなります。


   
初めて持っていらした帯をお着物に合わせてみましたが、とてもよく合っています。
帯の柄は手に取って見る感じと、実際に締めて見る感じでは違うこともあるので、ぜひお宅で眠っている帯を締めてみるのも良いかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2