FC2ブログ

プライベート着付教室

いつもお友達同士でプライベートレッスンを受けてくださっている生徒さん方です。
今日は、小紋の着物着付と名古屋帯による一重太鼓の結び方のお稽古を行ないました。
お持ちになっている着付道具が違いますので、それぞれ対応して指導させていただきました。

           
左の衿を合わせる時、胸紐を使う場合は左の身八つ口から左手を入れ、そこを起点にして右手で下前のおはしょり 部分を折り上げます。
上前の衿を整えてから胸に紐を掛けます。
クリップ付伊達締めの場合は左の身八つ口からクリップを入れて止め、そこを起点にして右手を使って下前のおはしょり部分を上に折り上げます。
上前の衿を整えたら伊達締めに付いているクリップで留めます。

            
           
帯は、手先を左肩に掛け(この時輪を自分側にする)、背中で手前に一折りして胴に巻いていきます。
二巻目に入る時に左手を後ろから回して一巻き目の下部分を摘んで下方へ引き下ろします。

            
お太鼓を作って背中に乗せた後、お太鼓枕の下にできる遊びを整えていきます。
枕の左右真下の帯の布目引き合い、裏が出るようにひっくり返してから形を整えます。
お太鼓を作り上げた後は、お互いのお太鼓の形を整えて帯の仕組みを理解します。

   
今回4回目のお稽古ということもあり、衿元が自然に美しく整えられるようになりました。
着物は裾つぼまりになっいて、お太鼓の形も綺麗に仕上がっていますね。
またいつでもお待ちしております。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2