FC2ブログ

プライベート着付教室

いつもお友達同士でお稽古されているプライベート教室ですが、今日は生徒さんのお宅へ伺わせていただきました。
小紋の着物の着付けと名古屋帯による一重太鼓の結び方を行ないました。

              
今日のポイントは、着物を着付けた時の脇の処理の仕方です。
まず、腰ベルトを締めた後に襟先がベルト下から出ますが、この時襟先が水平になるように広げておきます。
次に、上身頃の襟を整えて着物ベルトで留めますが、この時クリップの位置より下は襟を広げて襟先の位置と同じになるように整えます。

          
伊達締めを締めた後におはしょり を整えますが、左脇に余った部分の処理の仕方が2通りあります。
一つめは左脇でタックを取り折り込む方法で、もう一つの方法はそのまま後ろへ流すようにします。
着物幅の余り具合によって、処理の方法を使い分けてもいいでしょう。

       
生徒さん手作りのクリスマスツリーのフラワーアレンジメントを背景に、着付けた着物姿を撮らせていただきました。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2