FC2ブログ

パーソナル着付教室

6月から個人で着付教室に通ってくださっている生徒さんの8回目のお稽古になります。
今日は小紋の着物着付と名古屋帯の結び方を行ないました。

              
今日の着物着付けのポイントは、襟先の処理の仕方です。
腰ベルトを付け、上前と下前を重ねた後、襟を内側に3分の2ほど折った所を着物ベルトで挟みますが、ベルト下から出る襟先は広げて、着物の裾と並行になるように整えます。

           
今日は新しい帯の巻き方を習いました。
手先を左肩に預ける時に帯の輪を自分側に向け、写真左上のように後ろで折り返します。
そうすることによって、2巻目に入る際にしっかりと左手で固定しながらきつく巻けるようになります。

           
また、帯揚げの新しい処理の仕方も習いました。
綸子のような薄い生地の場合、1回目を結ぶ時に二巻すると、シワが寄らずにきれいな仕上がりになります。

       
今日は、モダン柄のお着物に黒地の帯を合わせて着付けられ、トータルコーディネートもぴったりですね。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2