FC2ブログ

着付教室

月二回の着付け教室です。
今月一回目は、小紋の着物着付と名古屋帯の一重太鼓と袋帯による二重太鼓の結び方を行ないました。

  
                  
ポイント柄の名古屋帯を結ぶ際に気をつけたい点は、胴前に柄が正しい位置に来るかどうかです。
柄にもよりますが、均一的な柄は胴前中心に、不均一な絵柄は本人から見て左寄りに来ると良いでしょう。
胴に巻き付けてからの修正法は、左手で手先を引くと柄が右に移動し、右手で垂れを引くと柄が左に移動します(写真左上)。
胴に巻いた帯をしっかりと固定させるために、帯留めクリップを使います。
この時のポイントは、右手で帯を引きながら、左手で二重になった帯の下からスッと入れるようにします(写真右上)。

       
帯の位置がちょうど良く、落ち着いた着こなしになっています。
衣紋をしっかり抜くと大人の着こなしになりますね。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2