FC2ブログ

着付教室

月二回の着付け教室です。
今日は、小紋の着物着付と袋帯による二重太鼓の結び方を行ないました。

  
帯の表を上にして垂れを左側にして屏風だたみにし、柄止まり辺りで三角形を作り、残りの部分は半分に折って屏風だたみにして重ねていき、帯のセッティングをします。
着物を着付ける際の裾合わせで注意する事は、下前の褄先を15cm程上るようにし、余った部分は前側に来るようにします。

  
帯を結ぶ際、一巻目を巻いた後に右手に帯の輪を持ち、後ろで下側の帯の輪を左手で引っ張ると右脇下の帯の上線がスッキリします。 
お太鼓作りは、垂れ先から「垂れ分+帯幅分」を測った位置に帯枕の下線を当てお太鼓を右前で作ります。  
残りの部分を二枚重ねにして枕の上に被せ、上に重ねた方が垂れ先より長くなるようにします。
 
     
着物の裾は裾窄まりになっていて、襟元も美しい仕上がりになっています。
今日は初めて二重太鼓に挑戦してみましたが、名古屋帯との違いを感じていただけたかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2