FC2ブログ

着付教室

月二回のグループによる着付教室です。
今日は、単衣の夏小紋の着付けと名古屋帯による一重太鼓の結び方を行ないました。

          
今日は着物の縫い目に注意して着付けていきましょうということで、今日のポイントは背中心線。
着物を着付けた際、腰から上の背中心は必ず真っ直ぐ背中の真ん中にくるようにします。
そして腰から下は、着物の上前(うわまえ)を合わせた時、脇線を左脇に、上前をメインに綺麗に持っていくため、大体において右に少しズレるのが自然です。
つまり、上半身は背中心が優先、下半身は上前が優先になります。
下半身の背縫いが真ん中に来ることは 『桃割れ』 といって嫌われるとも言われているので、粋さを演出するためにも、少しズレていた方がいいでしょう。

          
帯結びのポイントは、お太鼓の中の遊びの部分をどう処理するかということです。
本来は自分でお太鼓の中を見ずに、手探りで処理するのですが、その仕組みを理解するために、生徒さん同士お互いのお太鼓の中を整理しましまた。
出来上がったら、最後にお太鼓の形を修正します。
右手で手先を持ち、左手でお太鼓~垂れの長さを調整します。
この作業は、出先でも簡単にできるのでマスターできるようにしておきましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2