FC2ブログ

プライベート教室

お友達同士でプライベートレッスンをお受けになっている生徒さん方の教室です(前回の様子はこちら)。

今日は小紋の着付けと名古屋帯による一重太鼓の結び方を行ないました。
季節によって着付けの仕方を変えてみるのもよくて、夏ということもあり、衣紋は普段より多めに開けることがポイントです。
そのためには、長襦袢の着付けからしっかりと襟を抜くことが大切です。
首回りをスッキリさせることによって、少しでも涼しさを表現できればと思います。
回を重ねるごとに、前の襟合わせが美しくなっていますし、おはしょりの処理の仕方がスムーズに流れていっています。

      
下半身の形が裾窄まりになっていて、とても美しい仕上がりになっていますね。
次回もまた楽しみにお待ちしております。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2