FC2ブログ

パーソナル着付教室

先月より個人着付けレッスンを受けて下さっている生徒さんの4回目のお稽古です(前回の様子はこちら)。
以前に数年間着付けを習われていたということで、おさらいという形で小紋の着物と袋帯の二重太鼓のお稽古を進めています。

                    
今日は、着物を着付ける際の細かな部分について説明させていただきました。
着物は着る方の体型によって調整することができ、その一つが衿幅です。
衿幅は基本的に3分の一を内側に折るのですが、胸幅が広い方は衿幅を広くし、胸幅が狭い方は衿幅を細くして調整します。
こうすることによって、着た時に胸の部分がツレたりシワが寄ったりすることがなくなります。

                    
次に、後ろのおはしょりのワンランクアップの処理の仕方です。
前のおはしょりを整理し、左脇でタックを取った後、そのまま後ろの部分も同じ高さで折り込んで伊達締めの中に入れ込みます。
右脇まで来たら、余分なものを上前のおはしょりの中に隠しますが、ダブった部分は最終的に帯を結んだ後に整えます。

        
帯結びのポイントは、右前で作ったお太鼓を後ろへ持っていく際に、すぐに背中に当てずに、両手に帯揚げ・ガーゼと枕を持ち直してまっすぐ伸ばし、腰の辺りで左右対象に調整してから背負うようにすることです。
この一手間を加えたので、帯山が横にまっすぐ伸びて左右対称になっていますね。
お稽古の回を重ねるごとに着物の着付け時間が短くなり、帯もしっかりと二重に巻かれていてハリのある前姿になりました。
八月のお教室はお休みですので、次回は九月にお待ちしております。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2