FC2ブログ

着付け教室

月二回の着付け教室です。
今日は、小紋・紬の着付けと名古屋帯による一重太鼓の結び方のお稽古を行ないました。

                                  
今日の着物のポイントは、腰から下の前幅の位置です。
着物によって自分の胴回りと合わないことがあります。
その場合、上前の衽線を右足袋の親指と人差し指の間の線を目安に合わせるようにします。
着物によっては左の脇線が真横に来ず、後ろ気味になったり前気味になったりしますが、多少のズレは大丈夫です。

帯のポイントは、お太鼓が落ちてこないようにしっかりと背中に付けるする方法です。
帯を胴に巻いた後、前で作ったお太鼓を後ろへ持っていき、帯を枕ごと背中に乗せて、ガーゼを前で結ぶ為にそれぞれの手に持ちます。
この時ガーゼを短く持って、脇の下でクルクルと縄跳びをするように前へ引くと、お太鼓枕がしっかりと背中につきます。
またお太鼓の位置が高くなり、落ちてこなくなります。

        
おはしょりの長さも帯の位置も丁度よくなっています。
お太鼓の山の高さも程よく、垂れの部分は引き締まって見えていますね。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2