FC2ブログ

パーソナル着付教室☆紗の着物と夏帯

いつもパーソナルレッスンを受けて下さっている生徒さんです(前回の様子はこちら)。
今日は夏の紗の着物と夏帯をお持ちになってお稽古しました。

          
今日のポイントは、着物の着付けの際のおはしょりの整え方です。
伊達締めを巻いて、背中のシワを取り除いた後、伊達締めを下から半分程上に折り返し、おはしょりの長さを調節して余分な部分を伊達締めの下に入れ込みます。
この際、左脇にできた余分な部分も一緒に処理する為、脇線のところでタックを2~3cm取ってからしまい込みます(写真左上)。
次は帯結びのポイントですが、お太鼓を作った後、背中に回して手を持ち替えますが、この時手の平で帯揚げを持ちながら親指は帯の内側(背中側)を押さえ、人差し指で枕を下から支えるように持ちます(写真右上)。
お太鼓の表側を押さえると、お太鼓が正しい位置に垂れているかどうか判断しにくくなるので、その部分は自然に垂らしておきましょう。

          
一重太鼓の次に角出しの結び方も行ないました。
角出しの場合は、お太鼓クリップを使わずに、手先と垂れ先を交差させた場所を紐で押さえます(写真左上)。
その後、垂れ先を下ろし、その上に羽根となる手先を重ねるのですが、こちらの帯の場合手先が長いので、2回に折り畳んで整えます(写真右上)。
こうすることによって、羽根がより一層しっかりしたものになり帯姿にも張りが加わります。

                   
前に表れる帯のポイント柄は、普通は中心を外して巻くようにするのが帯結びの嗜みですが、今日新調された帯は左右対称の幾何学模様になっているので、この場合は中心に持ってくる方が美しい帯姿になります(写真左上)。
紗の着物で涼しげな位上がりになっています。

        
一重太鼓は帯山を上の方にし、角出しは低目にする方が粋な雰囲気を表せます。
同じ帯で、全く雰囲気の違う表情になっていますね。
お出かけのシーンに応じて、結び変えるとよいかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2