FC2ブログ

パーソナル着付教室☆小紋と袋帯・二重太鼓

前回初めて個人着付けレッスンを受けて下さった生徒さんの2回目のお稽古です(前回の様子はこちら)。
以前に数年間着付けを習われていたということで、おさらいという形で小紋の着物と袋帯の二重太鼓のお稽古を進めていきました。

                    
今日のポイントは、おはしょりの処理の仕方です。
伊達締めを巻いて、背中のシワを取り除いた後、伊達締めを下から半分程上に折り返し、おはしょりの長さを調節して余分な部分を伊達締めの下に入れ込みます。
この際、左脇にできた余分な部分も一緒に処理する為、脇線のところでタックを2~3cm取ってからしまい込みます(写真左上)。
右脇のえり先は伊達締めの下から広げておき、帯を締めた後に整えます。

       
帯に緩みがなく、美しい仕上がりになっています。
衣紋がしっかり抜けていて、お太鼓の大きさと垂れの長さも適切です。
次回もまたおさらいを行なっていきましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2