FC2ブログ

パーソナル着付教室☆ゆかた

ゆかたを自分で着れるようになりたいということで、お母様から譲り受けたゆかたをお持ちになってお見えになりました。
まずは腰に補正のタオルを付けて浴衣を着付けていきます。
ゆかたを羽織った後、共衿を持ち左右に広げて足のくるぶしまで降ろし、最初に左手で上前の裾の位置を決めてから、左右の手を変えながら下前を巻きます。
そして右手首を使って下前の褄先を床から15cm程上げた後、左手で上前をかぶせます。
腰紐をしっかりと締めた後、上半身を整えていきます。
両側の身八つ口から手を入れて軽く前後を整え、共衿と背中心を持って中心を確認してから後ろの衿を抜きます。
上前と下前のおはしょりが二重にならないように、下前のおはしょりを斜め上内側に折り上げてから腰紐でしっかりと胸の下辺りを締めます。

                    
帯は簡単に締められる結び方を習いました。
胴に二重に巻いた時に手先と垂れ先が同じ長さになるようにして、手先を右肩に掛けて巻いていきます。
二巻したら前で蝶々結びをし、羽根の長さを調節します。

                    
両方の先をクルクルと下から結び目を巻いていき、好きな長さになったら上から垂らすようにします。

       
帯を180度回せば、ステキな帯結びの出来上がりです。
今年の夏はぜひご自分でゆかたを着付けて、お出かけしてみてください。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2