FC2ブログ

パーソナル着付教室

本日初めて個人着付けレッスンをお受けになる生徒さんです。
以前に数年間着付けを習われていたということで、おさらいという形で小紋の着物と袋帯の二重太鼓のお稽古を進めていきました。
まずは、着物は袖畳みにして整え、帯を折り畳み、各道具も取りやすいように並べて着付け道具一式を揃えることから始めます。
長襦袢を着る時に衣紋をしっかり抜き、伊達締めを巻いてから背中のシワを取ります。
  
       
着物を着る際は、ピンと張り詰めたまま左右の手に振り分けて、一直線に広げます。
ゆっくり床スレスレまで降ろしてから、上前を内側に折って裾の位置を決め、次に左右の手を入れ変えながら下前を巻きます。
この時、手首を使って下前の褄先を床から15cm程上げ、次に上前を被せます。
腰紐をしっかりと締めた後、両側の身八つ口から手を入れて軽く前後を整え、共衿と背中心を持って中心を確認してから襟元を整えます。
この時のポイントとして、上前と下前のおはしょりが二重にならないように、下前のおはしょりを斜め上内側に折り上げると、おはしょりのラインがスッキリと美しくなります。

       
きものベルトで整えた後、伊達締めを巻き、シワを取るように整えます。
おはしょりの長さを調節するため、伊達締めの下を折り上げ、おはしょりの部分の上布だけ摘んで真っ直ぐになるように整えてから伊達締めを被せます。

  
帯を結ぶ時は、胴に巻く帯の輪が下になるようにして、手先を左肩に掛け、右手に持った帯を巻いていき、後ろでニ巻き目に入った時に、下側の帯の輪を左手で引っ張ると右脇下の帯の上線がスッキリします。
左右の手を水平に引き合いながら帯を締めた後、手先を遊びができないように前へ持っていき、一旦仮押さえした後、後ろでお太鼓クリップで止めます。
次にお太鼓作りですが、たれ先から「垂れ分+帯幅分」を測った位置に帯枕の下線を当てお太鼓を右前で作ります。
  
  
残りの部分を二枚重ねにして枕の上に被せ、上に重ねた方が垂れ先より長くなるようにします。
作ったお太鼓を後ろへ持っていき、帯枕ガーゼを前で結んだ後、帯枕の下側左右をピンと張るように伸ばします。

  
下の遊び部分を裏面に返し、余った所は内側に入れ込んでベース型または半円形に整えます。
お太鼓を作る時は、帯の下線に合わせて仮紐を当て、余った部分を中へ折り上げ、前で借り結びします。
お太鼓が出来上がったら、前に預けてあった手先をお太鼓の中に入れて処理し、帯締めと帯揚げの処理をします。

     
以前は帯を結ぶやり方で習われていたとのことで、今回は初めて結ばないやり方で進めていきました。
とてもスッキリとして美しい着姿になりました。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2