FC2ブログ

プライベート着付教室

お友達同士でプライベートレッスンをお受けになっている生徒さん方の教室です(前回の様子はこちら)。
暑い季節へと近づいてきていますので、衣紋は普段より少し多く開け気味で襟元もゆったりとすると良いでしょう。

          
今日再チェックしたいポイントは、お太鼓の山をいかに綺麗に見せられるかということです。
お太鼓を付けた後、枕の下にできた遊び部分を処理しますが、まず枕の下側左右をピンと張るように伸ばします。
そして遊び部分を裏面に返し、余った所は内側に入れ込んでベース型または半円形に整えます。
そうすることによって、お太鼓の山が真っすぐになります(写真上)。

       
お稽古後はご自分で着付けた着物姿で、歌舞伎鑑賞とお出かけに行かれるそうで、どうぞ楽しいひと時をお過ごしくださいませ。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2