FC2ブログ

着付け教室

月二回行なっております着物着付け教室、今月第一回目となり、今日は新しい生徒さんがいらしてくださいました。
前回に引き続き、小紋着物の着付けと手結びによる名古屋帯のお稽古を行ないました。
ご自分の体に合った量タオルで補正をしてから、肌襦袢~長襦袢~着物へと着付けていきます。
今日は着物を着付ける際の難所、おはしょりの処理について説明させていただきます。
着物の下半身を整え、上半身の着付けに入った後、着物の両側の身八つ口から手を入れて軽く前後を整え、共衿と背中心を持って中心を確認してから襟元を整えた後、クリップで下前を整えます。
この時、下前のおはしょりを斜め上内側に折り上げると、ラインがスッキリ美しくなります。
クリップがない場合は腰紐を使って締めます。

       
着物と帯の着付けをし、帯揚げと帯締めをして一気に完成まで進めてきましたが、細かいところはさておき、まずはこのような流れで着付けるという事だけでも感じていただけたらと思います。
次回もご都合に合わせて、さらに詳しいポイントを踏まえて進めていけたらと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2