FC2ブログ

着付け教室☆グループレッスン

月二回開いている着物着付け教室です(前回の様子はこちら)。
着物はスムーズに着付けられるようになっているので、所々の注意点を踏まえながら進めていきました。

          
今日のポイントは帯締めと帯揚です。
帯締めの結び方は人それぞれやり易い方法があるかと思いますが、そのうちの一つの方法を習いました。
まず自分から向かって左を上にしてひと結びし、右手に持ち替えた帯締めをUターンするように輪を作って左側へと渡して左手で押さえます。
右手で下に垂れている帯締めの端をグルッと回しながら先ほどのUターンした輪の中に上から入れて、キッチリ遊びがなくなるまで引いて右手で押さえます(写真左上)。
最後に左手で余った帯締めをスーッと引いて出来上がりです。
帯揚はちりめん、綸子、絞りなどの種類があり、生地によって結び方が多少違ってきます。
ちりめんや綸子は普通に本結びをしますが、部分絞りの場合は絞り結びをします。
最初の一締めするまでは本結びと同じですが、その後は下になっている帯締めを右方向に向けて、帯の内側にしまい込み、上に残っている方を、先の方からくるくるっと巻いていき、帯の内側に差し込みます(写真右上)。

 
          
帯揚げ帯締めがとても綺麗に締められていて、お太鼓の帯山も真っ直ぐ横に伸びて引き締まっていますね。
次回のお稽古もお待ちしております。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2