FC2ブログ

着付け教室

今月ニ回目の着付け教室です(前回の様子はこちら)。
今までに引き続き、小紋・紬の着物と名古屋帯の手結びと作り帯の付け方をお稽古しました。

                          
何回か通っていらっしゃるので、生徒さん方それぞれご自分のペースで着物を着つけられるようになりました。
今日のポイントは、帯の手先を取る時の長さについて。
帯は柄によって、また作られた時代によって長さが違ってき、更に結ばれる方の体型によっても調節が必要になってきます。
そこで、基本の目安として覚えていただきたいのが、帯を巻く際に「柄止まり」を背中心に持ってくるということです(写真左上)。
そのようにすると、最後に手先がお太鼓の中で正しい長さで収まるようになります。
着付け終わったら、お互いのお太鼓の形を整えながら、帯の形の仕組みを知るようにします。

     
皆さん、帯の胴部分がしっかり締まっていて、後ろのお太鼓の位置も高めになっています。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2