FC2ブログ

着付教室

月二回の着付教室です(前回の様子はこちら)。
今日は小紋の着物と名古屋帯の一重太鼓を行いました。

         
何回か通われているので、着物の着付けはほぼ完璧に習得されています。
今日は、帯のお太鼓をいかに美しい仕上げにするかということで、その一つはお太鼓の山を背中の上の位置でキープさせておくということ。
お太鼓枕ガーゼを前で結ぶ前に、脇の下で縄跳びの縄を回すようにクルクルと小さく回転させながら引っ張ると、枕がピッタリと背中に付きます(写真左上)。
ガーゼが緩むと枕も下がってきて、お太鼓全体も下方気味になってしまうので。
着付けの仕上げは右横のおはしょりの処理です。
右横に絡まって膨らんだ下前の余分なおはしょりは、指で帯の下に入れ込み、上前のおはしょりと同じラインになるように調整します(写真右上)。

       
襟元が美しく整って合わせられるようになり、裾もつぼまっていて美しい形になっています。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2