FC2ブログ

プライベート教室

                              
前回パーソナルレッスンをお受けになった生徒さんが、今日はお友達と一緒にプライベートレッスンに参加してくださいました(前回の様子はこちら)。
お母様に仕立てていただいたという大島紬と名古屋帯でお稽古されました。
腰の補正を行なった後、まず長襦袢を羽織りますが、この時に衣紋をしっかりと抜くようにしましょう。
衣紋は、着物を着つけている間にも前へズレてきてしまいがちになるので、随時背中心を下から引っ張り、元へ戻すように心がけると美しい衿まわりになります。
一通り着物が着付け終わったら、帯に入りますが、輪が外側になるようにして手先を左肩に預けます(写真上)。
ここから、胴に二巻きしてお太鼓を作っていきますが、まずは巻き始めの部分をマスターしていきましょう。

       
一通り着付けされ、とても落ちついた着姿になりました。
次回もお待ちしておりますので、宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2