FC2ブログ

パーソナル着付教室

       
いつもパーソナルレッスンをお受けになっている生徒さんです(前回の様子はこちら)。
きもの着付けはとても美しくできていらっしゃるのですが、さらに完璧な着付けを極めたいということで参加してくださっています。
今日のきものを着付ける時のポイントは、両手で衿先を持って裾を床から一気に上げる際、胴の辺りにできる余分が内側に入らないようにすることです。
そのためには両手に持った着物地を常にピンと張っておくことが大切です。
おはしょりの始末の際には、左脇にできた脇線の余りをつまんでタックをとってから伊達締めの中に入れ込みましょう。
帯のポイントは、お太鼓山をきれいにするために、お太鼓枕の下にできる遊びの部分の始末をしっかりすることです。
その一つは、お太鼓枕のすぐ下にある帯の耳を両側から引き合い、シワをなくすようにします。
こうすることにって、お太鼓の山が真一文字に真っ直ぐなります。
より美しい仕上げを目指していらっしゃるので、回を重ねるごとに完璧に近づいていらっしゃいます。
次回もお待ちしております。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2