FC2ブログ

プライベート着付け教室

       
今日は、初めて着付けをされるというお二人の生徒さんの着付けレッスンに伺ってまいりました。
小紋のきもの着付けと名古屋帯の一重太鼓の手結びを行いました。
先ずはタオルで腰の補正を行い、長襦袢を着付け、基本的な衿元の合わせ方をして、きものを羽織る前の土台を作ります。
きものを着る時のポイントは、腰から下が裾つぼまりになるように真っ直ぐ重ね合わせる点です。
帯を巻く時は、輪が下になるように、輪を持って巻いていくようにします。
帯によって長さが違うので、左肩にかける手先の長さを調節しながら何回か巻いてみて、ご自分の帯に合った長さの手先をとりましょう。
帯揚げ・帯締めの処理の仕方まで一気に一通り行いましたが、ご自分で着付けたきものの着ごこちを感じていただけたかと思います。
帯も裾も美しい形になり、とてもスッキリとした仕上がりになりました。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2