FC2ブログ

パーソナル着付け教室

       
二年前にお稽古に通ってくださった生徒さんが、しばらくぶりにお稽古にご参加くださいました(前回様子はこちら)。
今日は、小紋のきものと名古屋帯による一重太鼓の結び方で、補正~長襦袢~きもの~帯までの一連の流れをおさらいという形で行いました。
胴に補正具を巻き、胸をタオルで潰すように覆い補正をした後、長襦袢を羽織っていきます。
長襦袢を着つける際のポイントは、衣紋はしっかりと抜き、上前下前それぞれの衿先を胸を被せるようにきっちりと身に着けることです。
長襦袢を美しく着付けることによって、きものの着付け姿が大きく違ってくるので、この時点でほぼ完成度が決まってきます。
帯は、名古屋帯の中で最も難しいとされているポイント柄で、最初に胴前の位置に柄が来るように調節するところが、六通柄の帯と違う点です。
衿合わせが正しくなっており、きれいな仕上がりになりました。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2