FC2ブログ

きもの着付け教室

                             
今年に入り二回目のお稽古です(前回の様子はこちら)。
今日は、小紋や紬のきものと名古屋帯の手結びと作り帯の練習を行いました。
今回のきもののポイントは、裾合わせです。
きものを羽織った後、下前と上前を合わせていくのですが、この時下前の褄を床から15cm引き上げてから上前を被せるようにします。
こうすることによって、きものの裾がフレアスカートのように広がらず、すっきりとした裾窄まりになります。
作り帯のポイントは、胴に巻く際、最後の端の部分が背中の真後ろになるように調節しながら巻いていくようにします。
またお太鼓は枕ガーゼでしっかり結ぶことによって固定されるので、肩甲骨にぴったりと当てましょう。
手結び帯は、左手後ろで一巻目の輪を持ち、右手横で二巻目の輪を持ってしっかりと締めることがポイントです。

     
仕上げは生徒さん方がお互いに修正しあって行い、美しい着物姿になりました。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2