FC2ブログ

羽織と道行

       
今日きもの着付けをさせていただいた、初釜茶会へお出かけのお二方です。
それぞれ羽織と道行きをお召しになっていらっしゃいます。
羽織も道行きも共に、着る時期は秋から春までになります。
羽織は、最も一般的な着物のアウターとして昔から着られています。
外はもちろん室内で着ていても良いとされていますが、膝下10cm程の丈の長羽織は室内では脱いだ方がよろしいかと思います。
防寒用として、また帯やきものをほこりや汚れから守るためのものとして使われてきたアイテムです。
羽織紐は、組紐が一般的ですが、最近ではマグネット式のタイプもあります。
道行は、きものの衿が見えるように襟元が四角く開いた道行衿のスタイルのコートです。
カジュアルなきものからフォーマルなきものまで、オールマイティーに合わせられ重宝します。
道行は、あくまでも外出着なので、部屋の中に入るときには脱ぐことがマナーです。
用途やお出かけ先によって着分けるとよろしいでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2