FC2ブログ

着付け教室☆新春初稽古

     
今年初のお稽古では、小紋のきものと名古屋帯の手結び及び作り帯の練習を行いました。
今日のポイントの一つは、肌襦袢の着方です。
衿あしの部分は拳一つ分以上空くように、また肩の部分も長襦袢の衿から見えないように、ふわぁっとだらしなく身につけるという点です。
きものを着付ける場合は、裾線を決める際に左手の上前と右手の下前がピンと張り合うように持ちましょう。
また、紐や伊達締め、帯締めや帯揚げなど結ぶものは全て自分から見て左を上にして(他装の場合は相手に対して右が上になるように)結びます。
きものの衿の合わせ方と同じ方向と覚えておくと良いでしょう。
胸元が落ち着いて帯も美しく結べました。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2