FC2ブログ

着付け教室☆小紋と名古屋帯・作り帯

今日の着付け教室には新しい生徒さんが加わりました(前回の様子はこちら)。
前回の続きである小紋のきものと名古屋帯による一重太鼓と、作り帯のつけ方を
行いました。

                                
まずはタオルを使って補正をするところから始め、長襦袢、きものへと着付けていきます。
今日はきものを重点的に行いたいということで、きもの着付けを2回行ってから帯へ入りました。
名古屋帯のお太鼓柄と作り帯のつけ方の違いを学びました。
お太鼓柄の場合は胴前によい柄が出るように巻き、作り帯の場合は帯の手先が後ろに来るようにつけます。
手結びでのお太鼓は後ろでお太鼓を作り、作り帯はお太鼓の金具を背中の胴帯の真後ろに差し込みます(写真上)。

  
                              
きもの着付けや帯結びは、何回も練習して手に流れを覚えさせるようにしましょう。
衣紋の抜き方も綺麗ですし、帯の垂れも丁度いい長さになっています。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2