FC2ブログ

きもの着付け教室☆小紋と名古屋帯・一重太鼓

       
秋もだいぶ深くなり、今日は久しぶりのきもの着付け教室です。
小紋の着物と名古屋帯での一重太鼓の結び方を行ないました。
まず道具一式を揃え、肌襦袢を着た後にタオルを用いて補正をしていきます。
最初に長襦袢を羽織り、紐(又はコーリンベルト)と伊達締めで整えます。
次に着物を羽織り、共衿を持ち左右に広げて畳スレスレまで降ろします。
先に上前の裾の位置を決めますが、この時の目安は右親指と人差し指の間と衽線が繋がるようにします。
腰紐(又はウエストベルト)をしっかりと締めた後に上半身を整えていきます。
紐と伊達締めで整えた後、帯を結んでいきます。
帯を結ぶ時は、胴に巻く帯の輪が下になるようにして、手先を左肩に掛けます。
右手に持った帯を巻いていき、ニ巻きしてからお太鼓を右前で作り、後ろへ持っていき背負います。
帯枕ガーゼを前で結んだ後、帯揚げを借り結びします。
仮紐を帯の下線に合わせてお太鼓を作り、垂れが人差し指の長さになるように調節します。
最後に帯締めで固定し、帯揚げを整えて出来上がりです。
一通り着物と帯の着付けをしてみましたが、このような流れで着付けるという事だけでも感じて頂けたと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2