着付け教室☆呂小紋と呂名古屋帯

5月に入ってからの着付け教室です(前回の様子はこちら)。
季節も暑さを増してきていますので、夏の呂の小紋と夏帯でお稽古を行ないました。

                           
今日は前回同様の改良枕を使っての帯結びと、手結びの二通りのやり方で名古屋帯を結びました。
手結びのポイントは、二巻目を締めた際に帯クリップを左後方で留めることです(写真左上)。
このクリップは、このままずっと留めたままにしておくことで、結んだ状態と同じ強度を保ちます。
お太鼓を前で作る際は、垂れ先から約80cm又はお太鼓柄が正しく出る箇所でお太鼓枕を帯の裏側から付けます(写真右上)。

          
とても涼しげな着付け仕上がりになりました。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2