プライベート着付け教室☆訪問着と袋帯二重太鼓

    
いつも月曜日の定期着付け教室に通ってくださっている生徒さんが、プライベートの講座をお受けになりました。
今日は袋帯で初めての二重太鼓の結び方を行ないました。
帯の結び方は、普段指導させて頂いている方法ではなく、紐を使った特殊な方法で行ないました。
ポイントは、帯を二巻きした後に手と垂れを交差させ、しっかりと固定してから紐で押さえるところです(写真左上)。
お太鼓を作る際は、垂れ先の柄と二重にしたお太鼓の柄が重なる部分があるので、その点に配慮すると美しいお太鼓が出来上がります(写真中央上)。
また二重太鼓にも関わらず、帯締めを一重の部分に通している方を時折見かけますが、そうならないよう手先を正しい所に入れて帯締めで止めましょう(写真右上)。

           
スッキリとした仕上がりで、お上手に着付けられました。
次回は、胸元の補正を足すことを課題にして進めていきましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2