着付け教室☆小紋・名古屋帯(改良枕)

4月の着付け教室二回目の今日は、小紋のきものと改良枕を使っての名古屋帯の結び方を行いました(前回のよ様子はこちら)。

                                  
きもの着付けは、重要ポイントであるおはしょりの整理の仕方は完璧に身についたので、今日のポイントは着付け終えた後の襟元の修正の仕方です。
襟元の半襟の出方が少ない場合、襟元を直すのではなく、直したい側の身頃の脇の下辺りを摘んで引くと襟元が広がります。
改良枕の帯結びは、全通柄の場合、ポイント柄と違って普通に二巻するだけなので至って簡単です。
次回の課題として、衣紋抜きの紐を襟の後ろに付けると、更に衣紋が美しく抜けると思います。
翌月のお稽古日は5月14火日と28日になりますので、宜しくお願い致します。

          

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2