着付け教室☆小紋・付下げと名古屋帯の改良枕

桜が満開となり、あちこちで柔らかいピンク色の花吹雪が見られる頃となりました。
しばらくお休みになっていた生徒さん方が来られ、また違うお顔ぶれのメンバーでお稽古が行われました(前回の様子はこちら)。
今日は、きもの着付けと改良枕を使っての名古屋帯の結び方を行ないました。
きもの着付けのポイントは、上前の裾の位置を決める時に、衿先を左右の手でピンと張るように持って調節するというところです。
下前の褄先は床から15cmくらい上げて決め、上前の褄先は5cmくらいにします。
もう一つのポイントはおはしょりの始末です。
着物の両側の身八つ口から手を入れて軽く前後を整え、共衿と背中心を持って中心今日のポイントは、おはしょりの始末です。
襟元を整えた後、左の身八つ口からクリップを入れて下前を止め、おはしょり部分を斜め上内側に折り上げると、上前のおはしょりラインがスッキリ美しくなります。
改良枕での帯結びのポイントは、お太鼓部分に柄が来るようにセットしますが、この時仮紐をお太鼓下部に通しておくと良いでしょう。
ポイント柄が胴前に来るように調節した後、帯を巻き、二巻き目の中心から3cm多く取った位置で内側に折り込んで、最初から巻き直します。
生徒さん方は、回を重ねる毎にポイントを習得されていらっしゃいます。
次回のお稽古は16日10時半になりますので、宜しくお願い致します。

          

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2