FC2ブログ

他装着付け教室☆名古屋帯・袋帯

   
今日は、自分以外の人に着物の着付けをする「他装」のお稽古を行ないました。
ご家族や友人に着物を着せてあげたり、着物を着てお出かけした時に友達の着物の着くずれを直してあげたりしたいですよね。
将来的には振袖の着付けができるようにすることを目標に、まず一回目は肌襦袢~補正~長襦袢~着物までの着付けをし、一重太鼓と二重太鼓の結び方を行ないました。

                 
その方に合った補正を施した後は、長襦袢と着物を着せていきますが、ポイントは襟合わせです。
年齢によって襟を合わせる角度が違ってきますが、長襦袢の襟を合わせる時は左右の胸を覆うようにしてキッチリと合わせ、着物の襟は半襟が指2本分出るようにゆったり目に合わせます。
襟元が合ったら崩れないように紐で胸元をしっかりと結びます。
次に帯を締める時のポイントは、垂れを上にして人結ぶ時、ゆっくりジワリという感じで結びます。
こうすることによって、着付けをされている人がバランスを崩すことを防ぎます。
お写真をご覧のように、大変美しく着付けられました。
今日は第一回目ということで、まずは基本的な着付け法を学びましたが、今後回を重ねる毎に、ステップアップした説明を加えていきたいと思います。
次回は4月15日(日)10時半~になりますので、宜しくお願い致します。

          
          

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2