FC2ブログ

プライベート着付け教室☆小紋と袋帯二重太鼓

前回初めてプライベートレッスンをお受けになった生徒さん。
1回目は着物の着付けまでを行ない、2回目は帯の結び方に進みました。
  
たれ先を左にし、屏風畳みにして袋帯をセットアップします(写真上)。
帯を結ぶ時は、胴に巻く帯の輪が下になるようにして、手先を左肩に掛けます(写真右上)。
  
右手に持った帯を巻いていき、後ろでニ巻き目に入った時に、下側の帯の輪を左手で引っ張ると右脇下の帯の上線がスッキリします(写真上)。
左右の手を水平に引き合い、帯を締めます(写真右上)。
  
手先を遊びができないように前へ持っていき、一旦仮押さえした後(写真左上)、後ろでお太鼓クリップで止めます(写真中央上)。
たれ先から「垂れ分+帯幅分」を測った位置に帯枕を当てお太鼓を右前で作ります(写真右上)。
  
残りの部分を二枚重ねにして枕の上に被せます(写真左上)。
この時、上に重ねた方が垂れ先より長くなるようにします(写真中央上)。
作ったお太鼓を後ろへ持っていきます(写真右上)。
  
帯枕ガーゼを前で結んだ後(写真左上)、帯枕の下側左右をピンと張るように伸ばしてから、下の遊び部分を裏面に返し、余った所は内側に入れ込んでベース型または半円形に整えます(写真中央)。
お太鼓を作る時は、帯の下線に合わせて仮紐を当てます(写真右上)。
  
余った部分を中へ折り上げ(写真左上)、前で借り結びします(写真中央)。
お太鼓が出来上がったら、前に預けてあった手先をお太鼓の中に入れて処理します(写真右上)。
  
帯締めをして手先を止め(写真左上)、帯揚げの処理をします(写真中央)。
最後にお太鼓の下線・帯の下線・手先の下線・垂れ先の端、この四つの線をきちんとクロスさせることが大切です(写真右上)。
       
とてもスッキリと仕上がりました。
次回は12月13日15時~になりますので、宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2