FC2ブログ

プライベート着付け教室☆訪問着

  
今日初めて個人着付けレッスンをお受けになる生徒さんです。
初回は、着付け道具一式を揃えることから習います。
着物は袖畳みにして整え、帯を折り畳み、各道具も取りやすいように並べます。
長襦袢を着る時は、左右の襟先の角と角を合わせ、もう片方の手で後ろの背中心を摘んで体の中心に揃えます。
衣紋は拳1つ分開けてから、胸を被せるように右前・左前を合わせます(写真左上)。
紐を後ろの衣紋抜きの穴に通してから前で結び、伊達締めを巻く前と巻いた後に背中のシワを取ります(写真上)。
  
次に着物を着る際は、まず襟先の角と角を合わせて、もう片方の手で後ろの背中心を持ち、一気に上げます(写真左上)。
ピンと張り詰めたまま左右の手に振り分けて、一直線に広げます。
ゆっくり床スレスレまで降ろしてから、上前を内側に折って裾の位置を決め、次に左右の手を入れ変えながら下前を巻きます(写真中央上)。
この時、手首を使って下前の褄先を床から15cm程上げ、次に上前を被せます(写真右上)。
  
腰紐をしっかりと締めて、後ろのシワを左右に振り分けます(写真左上)。
両側の身八つ口から手を入れて軽く前後を整え、共衿と背中心を持って中心を確認してから襟元を整えます。
  
この時のポイントとして、上前と下前のおはしょりが二重にならないように、下前のおはしょりを斜め上内側に折り上げると、おはしょりのラインがスッキリと美しくなります(写真左上)。
半襟は指2本分の太さを目安に出して整えてから、紐を巻きます(写真上)。
 
  
紐で整えた後、背中のシワを取り、伊達締めを巻き、再びシワを取るように整えます(写真左上)。
おはしょりの長さを調節するため、伊達締めの下を折り上げ、おはしょりの部分の上布だけ摘んで真っ直ぐになるように整えてから伊達締めを被せます(写真中央上)。
後ろは背中心の所を摘んで伊達締めの中に入れ込みます(写真右上)。
                                
帯板を付けてから帯へと進みますが、今日はここ迄を重点的に行いました。
次回はのお稽古は、12月11日10時半~になりますので宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2