FC2ブログ

プライベート教室☆小紋・名古屋帯一重太鼓

     IMG_2903.jpg   IMG_2904.jpg
今日で3回目のプライベートレッスンをお受けになる生徒さんです(前回の様子はこちら)。
今日は、ご自宅から着物を着付けて来てくださいました。
自分で着付け、外出することは自信にもつながりますし、歩いている時の感覚や着くずれしやすい場所などに気づくことができるので進んで外出することをお勧めします。
今日は帯を重点的にお稽古していきました。
帯を結ぶ時は、胴に巻く帯の輪が下になるようにして、手先を左肩に掛けます。
帯を巻く時の位置は、二巻き目の後ろの柄止まりが背中心に当たるところになります(写真左上)。
右手に持った帯を巻いていき、後ろでニ巻き目に入った時に、下側の帯の輪を左手で引っ張ると右脇下の帯の上線がスッキリします。
手先を前に持っていき、一旦仮押さえした後、後ろでお太鼓クリップで止めます(写真右上)。

     IMG_2905.jpg   IMG_2906.jpg
前でお太鼓を作ってから後ろへ持っていき、肩甲骨に当てて帯枕ガーゼと帯あげを前で結びます。
次にお太鼓の下にできた余りの部分を処理していきます。
帯枕の下側左右をピンと張るように伸ばしてから、下の遊び部分を裏面に返し、余った所は内側に入れ込んでベース型または半円形に整えます(写真左上)。
仮紐を使ってお太鼓を作る時はなるべく背中から離して行なうと、上で整えた遊びの部分を巻き込まずに済みます(写真右上)。

IMG_2910.jpg   IMG_2909.jpg
とても美しい仕上がりになりました。
次回は目標の二重太鼓へと進んでいきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2