FC2ブログ

プライベート教室☆夏小紋・名古屋帯

IMG_1372.jpg   IMG_1371.jpg
6月からプライベートレッスンを受講してくださっている方の3回目のレッスンです(前回の様子はこちら)。
今日は夏休中ということで、暑い日中においでくださりありがとうございました。
こちらの教室では生徒さんのお持ちになっている道具を使って進めていきますので、長襦袢はクリップ付き補正ベルトで留め、きものはクリップ付き伊達締めで留めます。
今日のポイントは、帯の柄の位置をどこに持ってくるかということです。
ワンポイント柄の場合、自分の中心より少し左に持ってくると、帯締めの結び目で柄が隠れず、バランス良く見えます。
また和の文化は非対称を美とするので、さらに和装には格というものがあり左側が格が高いということなどを考えると、このような形にするのがふさわしいでしょう。
帯締めは、帯の中心線よりやや下目にするということもポイントです。

IMG_1369.jpg   IMG_1370.jpg
きもの衿については、後ろは長襦袢よりも5mm高く、耳たぶの下で同じ高さに、衿の根元で長襦袢を2cm出します。
大変涼しげな印象に仕上がりました。
今日はこの着姿のままお帰りになるということで、どうぞ人の目を楽しませていただければと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2