FC2ブログ

着付け教室☆留袖

IMG_1359.jpg   IMG_1360.jpg
夏本番となり、夏バテや熱中症に気になるところですが、暑い中のお稽古ご参加ありがとうございます。
今日は、初秋に控えている結婚披露宴出席の為、留袖を練習したいということで、黒留袖と袋帯の二重太鼓を行ないました(前回の様子はこちら)。
二重太鼓はお太鼓の柄を美しく見せると大変見栄えのいい帯姿になります。
その為にはお太鼓の下線と垂れ先の境目がきれいに柄がつながるようにしましょう。
もともと普通の袋帯は、たいてい柄合せが出来るように出来ていますが、合わせる時にお太鼓のメインの柄に注意した上で、どの柄が垂れとつながっているのかを考えます。
垂れの長さ+帯幅の所に枕を置き、垂れを折り下げて柄が合うところを探します。
このとき、たれ先の長さより、二枚重ねたたれのほうが少しでも長くなるようにします。
お太鼓の決め線を確認して折り上げると、お太鼓と垂れの柄がつながります。

IMG_1354.jpg   IMG_1355.jpg
留袖の衿と比翼の衿をそれぞれ折り、着物の衿から比翼が細く出るように合わせます。
コーリンベルトを使って掛衿の下、ウエスト低めに止めます。
きもの衿は後ろは長襦袢よりも5mm高く、耳たぶの下で同じ高さに、衿の根元で長襦袢を2cm出します。

IMG_1356.jpg   IMG_1358.jpg
次回は8月29日になりますので、また楽しみにお待ちしております。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2