FC2ブログ

プライベート着付け教室☆夏小紋・一重太鼓

IMG_1071 - コピー  IMG_1072 - コピー
先月プライベートレッスンを行なった生徒さんの二回目のお稽古です(前回の様子はこちら)。
今日は、夏の小千谷縮の単衣きもの着付けと絽の名古屋帯で一重太鼓の結び方を行ないました。
前回の後、ご自宅で着付けて茶道のお稽古へお出かけしたそうで、普段から和服を日常生活の中に取り入れていくと、ライフスタイルにも一段と魅力が増すことでしょう。
今日の帯はポイント柄なので、結ぶ際に柄が前に来るように調節してから結びます。
前でお太鼓を作ってから後ろへ持っていく時の注意点として、帯を腰のあたりまで降ろして両手で帯山を整えてから背中に当てるとよいでしょう。
次に、帯枕ガーゼと帯あげを前で結んだ後の処理です。
帯枕の下にできる余分な遊びの部分を裏面にし、帯枕の下側左右をピンと張るように伸ばし、余った部分は内側に入れ込んでベース型または半円形に整えます。
この時、片手で拳を作ってポンポンと押すように叩くと落ち着いて仕上がるでしょう。
涼しげな装いに仕上がりました。
次回も楽しみにお待ちしております。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2