FC2ブログ

特別着付け教室☆小紋

RIMG16429.jpg  RIMG16430.jpg
特別着付け教室の三回目です(前回の様子はこちら)。
長襦袢と着物が一通り着付けられるようになり、今日は帯に重点を置いてお稽古を進めていきました。
帯をしっかりと二巻きしてから、左手で持っている手先を後ろに倒し、脇下から前へ預ける際、遊びができないよう胴にピッタリと沿わせながら前へ持っていきます(写真左上)。
全て処理できたら、帯の左後ろ部分をクリップで止めます。
前でお太鼓を真っ直ぐになるように形作り(写真右上)、後ろへ持っていき、ランドセルを背負うように背中をそらしながらお太鼓を肩甲骨に当てます。
RIMG16431.jpg  RIMG16432.jpg
帯枕の下にできる余分な遊びの部分を裏面にし、帯枕の下側左右をピンと張るように伸ばし、余った部分は内側に入れ込んでベース型または半円形に整えます(写真左下)。
手先は2cm~3cmほど出して、余り分はお太鼓の裏側にたたんで入れ込みます(写真右下)。
帯を一通り締めてみると、そのしくみが分かってくるので、あとから手直しする時にも理解できます。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2