FC2ブログ

新着付け教室☆二重太鼓

名古屋帯での一重太鼓は、もう締められるようになりましたので、今日は袋を帯を使って二重太鼓に挑戦です(前回の様子はこちら)。
名古屋帯と袋帯の違いですが、その最大の違いは長さです。
お仕立上がりの状態での名古屋帯の長さ・巾は、長さが約9尺2寸~5寸(約3m60cm)、巾は約8寸(約30cm)。
袋帯の長さ・巾は帯により若干の違いはありますが、長さは約1丈1尺~1丈1尺5寸(約4m30cm前後)、巾は約8寸2分(約31cm)です。
名古屋は、主に付け下げ・色無地・小紋・紬に一重太鼓として使われ、袋帯は主にフォーマルとして着用する際の留袖・訪問着・付け下げ・色無地で二重太鼓として使われます。
また、お洒落訪問着・紬訪問着・小紋・紬など柄行や格によっては、二重太鼓で締められるカジュアル向きの洒落袋(お洒落袋帯)もあります。
普通、紬や小紋に合わせる帯は名古屋帯の一重太鼓が一般的ですが、最近では二重太鼓で締められるお洒落袋帯が人気となっています。
帯の結び方としては、一重太鼓も二重太鼓も締めるところまでは一緒ですが、お太鼓の作り方が違ってきますので、こちらも回数を重ねて覚えていきましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2