FC2ブログ

プライベート着付教室

いつもお友達同士でプライベートレッスンを受けてくださっている生徒さん方です。
今日は、訪問着の着物着付と名古屋帯による一重太鼓の結び方のお稽古を行ないました。
この春にご自分で着物を着付けてお出かけをされたいということで、頑張ってお稽古されました。

着物を着る際は、ピンと張り詰めたまま左右の手に振り分けて、一直線に広げて床スレスレまで降ろしてから、上前を身頃に被せて裾の位置を決め、次に左右の手を入れ変えながら下前を巻いて上前を改めて被せます。
ウエストベルトしっかりと締めた後、両側の身八つ口から手を入れて軽く前後を整え、共衿と背中心を持って中心を確認してから襟元を整えます。
その時のポイントとして、上前と下前のおはしょりが二重にならないように、下前のおはしょりを斜め上内側に折り上げると、おはしょりのラインがスッキリと美しくなります。

帯は手結びの場合、いくつかやり方がありますが、手先の輪を自分側に向けて左肩に預ける方法で行ないました。
一巻目を巻く時に、後ろで帯を半返して巻いていき、二巻目に入ったところで最初に返した折り口のところを左手でしっかり摘んで引き締めます。
その後右前でお太鼓を作り、背中に当てますが、その時に帯まくらの下にできる遊びの部分の処理を行ないます。
まず両手でしっかりと帯の左右の耳を引き合い、次に余った部分を裏返しにして、耳も含めて内側にしまい込みます。
これらの作業はお太鼓の山をかぶせた状態で、見えないところで自分の勘で行なうことになりますが、今日はお互いの帯で作業しました。

   
着物が裾窄まりになっていてスッキリとした仕上がりになっていて、帯もしっかりと結ばれています。
ご自宅でも繰り返し練習し、手に覚えさせるようにするといいかと思います。

着付教室

二月二回目の着付教室です。
今日は、初めてご参加の生徒さんが加わり、小紋の着物着付けと名古屋帯の一重太鼓と袋帯の二重太鼓の結び方を行ないました。
まずは補正を重点的に行ない、ご自分がお持ちの道具を使って長襦袢~着物~帯へと進めていきました。

               
二重太鼓の場合、お太鼓を作る際に注意しておきたいポイントがあります。
帯を二重に重ねてお太鼓枕を付けた時に、垂れ先と柄が重なるところがあります。
その部分がズレないように後ろへ持っていき背中に当てると、お太鼓の柄が垂れ先とピッタリ繋がります。

 
今日は一年間通ってくださった生徒さんがご卒業となりました。
これからはお祖母様やお母様から譲り受けたお着物をたくさん着たいということで、またいつでも遊びにいらしてください。

パーソナル着付教室

個人で着付教室に通ってくださっている生徒さんのお稽古で、今回10回目になります。
今日は小紋の着物着付と名古屋による一重太鼓の結び方を行ない、特に帯は新しい結び方に挑戦しました。
今までの結び方でも構いませんが、色々な方法があるので、そのうちのいくつかをご紹介させて頂き、ご自分に合った結び方を選んでいかれるとよいかと思います。

     
左肩に手先を預ける時に、帯の輪を自分側に向けて預け、一巻目を巻く時に、後ろで帯を半返して巻いていき、二巻目に入ったところで最初に返した折り口のところを左手でしっかり摘んで引き締めます。
こうすることによって、帯を引き締める時に左手で摘みやすくなり、また最後の処理の時に、簡単に輪を下にしてお太鼓の中に処理することができます。

                         
お太鼓を作る際の注意点として、後ろで仮紐を左右の手に渡して帯の下線に合わせてから、垂れを迎えにいくようにします。

     
今日の大きなポイントは、おはしょり の柄の出し方です。
最初に着付けた際、おはしょりの白い横線柄がちょうど下部の折れ線の部分にかかってしまっています(写真左上)。
2回目はウエストベルトをいつもより少し上の位置で締めてみると、気になっていた白い横線の柄が隠れました(写真右上)。
このように、ウエストベルトの位置によっておはしょりの柄が違ってきます。
しかし、あまり上にし過ぎると着物の裾が広がってしまう恐れがあるので、注意が必要です。

     
全体的にシックな色目に黄色の帯揚げと帯締めがアクセントになり、粋な和姿に仕上がりました。
今日は、ご自分で着付けた着物姿でミュージカル鑑賞へお出かけされました。

着付教室

二月一回目の着付教室のお稽古です。
今日は、紬の着付けと綴れ名古屋帯の一重太鼓の結び方を行ないました。


  
帯のお太鼓を後ろに持って行った際に、片手で手刀を切ると、余分な帯を巻き込まずに背中に乗せられます。
仮紐を持ちながら、垂れを両手の人差し指で調節してお太鼓の形を決めます。
決めた後に直す場合は、垂れから繋がっている折り上げの部分(背中側)を上に引くと垂れが短くなります。


   
初めて持っていらした帯をお着物に合わせてみましたが、とてもよく合っています。
帯の柄は手に取って見る感じと、実際に締めて見る感じでは違うこともあるので、ぜひお宅で眠っている帯を締めてみるのも良いかと思います。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2