FC2ブログ

プライベート教室

お友達同士で着付けレッスンを受けてくださっている生徒さん方のプライベート教室です(前回の様子はこちら)。

           
2回目となりますが、今日のきものを着付ける際のポイントは、「裾つぼまり」です。
両手で左右のえり先を持った際、左右の手でピンと張り詰めたまま直線に広げてからゆっくり床スレスレまで降ろします。
上前を内側に折って裾の位置を決め、次に左右の手を入れ変えながら下前を巻き、この時、手首を使って下前の褄先を床から15cm程上げ、次に上前を被せます。
こうすることによって「裾つぼまり」の着姿になります。
帯を巻く時のポイントは、一巻き目のひと手間について。
最初に帯を巻いていき、後ろでニ巻き目に入った時に、右手で垂れ側の帯の輪を持ち、下側(一巻き目)の帯の輪を左手で引っ張ります(写真左上)。
このような手間を加えることによって、出来上がった時に右脇下の帯の上線がぴったりと重なります。
そして、お太鼓枕を背中に持って行く際は、なるべく高い位置に背負いましょう。
そして、お太鼓ガーゼは前で2回からげて方花結びでしっかりと収めましょう。

       
今日はこれからお二人でお出かけをされるそうで、お持ちになった道行と草履を身につけて素敵な和姿になりますね。

着付け教室

毎月二回のきもの着付け教室ですが、今日は今月2回目のお稽古になります(前回の様子はこちら)。
紬・色無地のきものと六通柄の名古屋帯・作り帯のお稽古を行ないました。

               
今日は、帯を巻く時の難関箇所となる「帯の上線を合わせる」技を説明させて頂きます。
帯を巻いていき、後ろでニ巻き目に入った時に、右手で垂れ側の帯の輪を持ち、下側(一巻き目)の帯の輪を左手で引っ張ると右脇下の帯の上線がスッキリします。
この操作を行うことによって、出来上がった時の帯の右脇がぴったりと重なります(写真左上)。
次に帯締めの結び方ですが、自分から向かって左を上にしてひと結びしてから、次は右を上にして結びます。
結び方は色々ありますが、ポイントはひと結びした後に帯が緩まないように指で押さえながら固結びをしていきます。
仕上がりの形は、自分から向かって結び目の左側のみ裏が出ます(写真右上)。

     
回を重ねるごとにきものの着方がスムーズになり、帯のお太鼓も正しく修正できるようになりました。

パーソナル着付教室

パーソナルレッスンをお受けになっている生徒さんです(前回の様子はこちら)。
小紋のきものと六通柄の名古屋帯で着付けのお稽古を行ないました。

          
今日のレッスンのポイントは帯結びです。
帯を胴に二巻した後、手先は遊びができないように前へ持っていき、前で仮押さえしたら、次は左後ろをお太鼓クリップで止めます(写真左上)。
右手で垂れ側の帯の輪を持ってピンと張り、その時に左手で止めるようにするとやりやすいです。
帯の仕上がり時、お太鼓が一番美しく見える形があります。
お太鼓の下線・帯の下線・手先の下線・垂れ先の端、この四つの線をきちんとクロスさせることが大切です(写真右上)。

     
帯のお太鼓姿がとても美しくなって仕上がりました。

パーソナル教室

       
今日初めて着物着付けのレッスンをされる生徒さんです。
お祖母様から譲り受けたという着物一式を使って、お稽古を行ないました。
た。
着物を着付ける上で最も重要なことは、補正です。
着物は直線のまま仕立てられているので、帯や着物にシワができないように着ることが美しい着姿へつながります。
体のくぼみであるウエストやヒップの上にタオルなどを補って、寸胴で着物向きの体を作ります。
基本の補正だけでもいいのですが、もっと着姿を美しく見せたい場合(礼装や正装)は、さらにバストを鳩胸にするために補正をプラスします。
補正~長襦袢~着物~帯結びまでの一通りの着付けを繋げていき、所々にポイントや難所がありましたが、とりあえず着てみるということが大切です。
きものと帯のしくみが分かってくるので、最初は何となく感覚が掴めたという具合でよろしいかと思います。
今日は初めてでしたが、きものと帯結びを2回行なうことができ、ぜひお祖母様にも見せて差し上げてください。
次回は、さらに細かいポイントに注意しながら、より美しい着付けへと進んでいきましょう。

プライベート教室

                              
前回パーソナルレッスンをお受けになった生徒さんが、今日はお友達と一緒にプライベートレッスンに参加してくださいました(前回の様子はこちら)。
お母様に仕立てていただいたという大島紬と名古屋帯でお稽古されました。
腰の補正を行なった後、まず長襦袢を羽織りますが、この時に衣紋をしっかりと抜くようにしましょう。
衣紋は、着物を着つけている間にも前へズレてきてしまいがちになるので、随時背中心を下から引っ張り、元へ戻すように心がけると美しい衿まわりになります。
一通り着物が着付け終わったら、帯に入りますが、輪が外側になるようにして手先を左肩に預けます(写真上)。
ここから、胴に二巻きしてお太鼓を作っていきますが、まずは巻き始めの部分をマスターしていきましょう。

       
一通り着付けされ、とても落ちついた着姿になりました。
次回もお待ちしておりますので、宜しくお願い致します。

着付け教室

        
今日のお稽古は、小紋のきもの着付けと名古屋帯による一重太鼓の手結びを行ないました(前回の様子はこちら)。
着物を着る際の注意点ですが、両手を下ろして両側の衿先を手なりに持ち、一気に床から20~30cm上げてから、ゆっくり床スレスレまで下ろすとベストな位置を決めやすくなります。
この際、腰の位置で上身頃全体が下身頃に覆いかぶさるようにすることがポイントです。
こうすることによって、腰ベルトを巻いた時に上身頃も一緒に巻き込まなくなります。
また、裾線を決める時に裾窄まりにさせるための注意点は、下前の褄先は床をスレスレにしながら最後一気に15cmくらい上げることです。
帯結びの注意点は、お太鼓枕の位置を背中の高い位置に置くことと、枕ガーゼをきつく結ぶことです。
そして、枕の下にできる遊びの部分をきれいに処理してから仮紐を使ってお太鼓を作ります。
その際、仮紐を持ったまま人差し指で垂れ先を調節することを忘れないようにしましょう。
裾窄まりになって真っ直ぐな裾線になりました。
小さなステップを一つずつクリアしていくことで、美しい着姿へとつながっていきます。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2