FC2ブログ

パーソナル着付教室

       
いつもパーソナルレッスンをお受けになっている生徒さんです(前回の様子はこちら)。
きもの着付けはとても美しくできていらっしゃるのですが、さらに完璧な着付けを極めたいということで参加してくださっています。
今日のきものを着付ける時のポイントは、両手で衿先を持って裾を床から一気に上げる際、胴の辺りにできる余分が内側に入らないようにすることです。
そのためには両手に持った着物地を常にピンと張っておくことが大切です。
おはしょりの始末の際には、左脇にできた脇線の余りをつまんでタックをとってから伊達締めの中に入れ込みましょう。
帯のポイントは、お太鼓山をきれいにするために、お太鼓枕の下にできる遊びの部分の始末をしっかりすることです。
その一つは、お太鼓枕のすぐ下にある帯の耳を両側から引き合い、シワをなくすようにします。
こうすることにって、お太鼓の山が真一文字に真っ直ぐなります。
より美しい仕上げを目指していらっしゃるので、回を重ねるごとに完璧に近づいていらっしゃいます。
次回もお待ちしております。

プライベート着付け教室

       
今日は、初めて着付けをされるというお二人の生徒さんの着付けレッスンに伺ってまいりました。
小紋のきもの着付けと名古屋帯の一重太鼓の手結びを行いました。
先ずはタオルで腰の補正を行い、長襦袢を着付け、基本的な衿元の合わせ方をして、きものを羽織る前の土台を作ります。
きものを着る時のポイントは、腰から下が裾つぼまりになるように真っ直ぐ重ね合わせる点です。
帯を巻く時は、輪が下になるように、輪を持って巻いていくようにします。
帯によって長さが違うので、左肩にかける手先の長さを調節しながら何回か巻いてみて、ご自分の帯に合った長さの手先をとりましょう。
帯揚げ・帯締めの処理の仕方まで一気に一通り行いましたが、ご自分で着付けたきものの着ごこちを感じていただけたかと思います。
帯も裾も美しい形になり、とてもスッキリとした仕上がりになりました。

パーソナル着付け教室

       
二年前にお稽古に通ってくださった生徒さんが、しばらくぶりにお稽古にご参加くださいました(前回様子はこちら)。
今日は、小紋のきものと名古屋帯による一重太鼓の結び方で、補正~長襦袢~きもの~帯までの一連の流れをおさらいという形で行いました。
胴に補正具を巻き、胸をタオルで潰すように覆い補正をした後、長襦袢を羽織っていきます。
長襦袢を着つける際のポイントは、衣紋はしっかりと抜き、上前下前それぞれの衿先を胸を被せるようにきっちりと身に着けることです。
長襦袢を美しく着付けることによって、きものの着付け姿が大きく違ってくるので、この時点でほぼ完成度が決まってきます。
帯は、名古屋帯の中で最も難しいとされているポイント柄で、最初に胴前の位置に柄が来るように調節するところが、六通柄の帯と違う点です。
衿合わせが正しくなっており、きれいな仕上がりになりました。

色無地☆書展祝賀会

       
書道の先生をされているお客様のお宅へ、着物着付けのお手伝いに伺ってまいりました。
今日は、書展の祝賀会にご出席されるということで、お着物は光沢感ある湊鼠色の家紋入り色無地。
現代的な地紋が、所作や光の加減によって煌めくように浮かび上がり、洗練された織り口が伺われます。
帯は、銀の箔糸が織り込まれた白銀地の袋帯。
やさしい色彩の絹糸や箔糸で七宝を始めとする多くの古典模様が織り成され、富貴な印象を与えます。
祝賀会ということで、銀色の重ね襟で格調の高さを添え、正統派の装いを演出いたしました。
今後のさらなるご活躍とご発展をお祈りいたします。

振袖☆ご結納

       
初春を迎え、穏やかな天気の今日、ご結納を迎えられるお嬢様のお着付けをさせていただきました。
お着物は、お母様から受け継がれたという綸子地の振袖。
濃い藍色と朱色に染められた地に、正統派古典の意匠が金刺繍とともに彩られ、格調の高さを物語っています。
帯は、鮮やかな朱色と煌びやかな金銀地の袋帯。
ご両家が集う大切な日ということで、帯結びは落ち着いた古典結びであるふくら雀にいたしました。
ふくら雀は「富と繁栄を願う」という意味からも、皇室のお祝い事で結ばれており、格の高い帯結びとされています。
大きく羽ばたくイメージで、羽を大きめに表現してみました。
ご結納おめでとうございます。

紬☆会食

       
今日は、いつも着付教室へおいで下さっているお客様のお宅へ伺い、きもの着付けをさせていただきました。
ご夫婦でご友人との会食へお出かけということで、カジュアルでお洒落な装いをお選びになりました。
お着物は、お嫁入りの際にお母様に仕立てて頂いたという大切な思い出ある大島紬。
細かな点と点を合わせて作る「絣」の美しさが魅力の一つとされていて、独特な柄と大島紬特有の絹鳴りが、お着付けの際にさらりと心地よく感じられます。
帯は、ナチュラルなオフホワイトの地にアジアンティックな柄がポイントの名古屋帯。
帯柄の差し色と帯揚げ・帯締め色が同色系に統一されていて、落ち着いたコーディネート感が漂います。
お袖を通す度にお母様が喜ばれるお顔が目に浮かぶそうです。
母から娘へ、時を超えて想いを受け継いで…心温まる思いです。
会食のお席で、ご友人の方々と楽しい時間をお過ごしくださいませ。

紬☆歌舞伎鑑賞

       
今日は、歌舞伎鑑賞へお出かけのお客様の着物着付けをさせて頂きました。
お着物は、繭本来のオフホワイト色を基調とした地に裾にかけて暈しが施された紬。
市松文の地紋が光沢を持って浮かび上がり、優しくも洗練された表情です。
帯は、しなやかな地風の白地に七宝の意匠が織り込まれた袋帯。
意匠に取り込まれた彩りが高雅な輝きを放ち、古典美の世界が広がっています。
帯締めは、お客様のご希望で藤結びにさせていただきました。

                             
ボリューム感あるコートを羽織ると、さらに高級感が増します。
歌舞伎鑑賞は、基本的にドレスコードはありませんが、艶やかにお着物を着こなしてお出かけになるのも、歌舞伎ならではの醍醐味ですね。
風情ある和姿で、臨場感ある舞を間近でご覧になってお楽しみください。

2月の着付教室スケジュール

2月のお稽古は、第一月曜(4日)と第三月曜(18日)10時半~になりますので、宜しくお願いたします。
ご参加の出欠又はご見学される場合は、事前にわかやぎさんへ電話(045-973-5981)または直接メール(cgarden18@gmail.com)でご予約いただけますようお願いします。
ご連絡を頂かない場合、教室がキャンセルになることもありますで、あらかじめご連絡くださいますようにお願い致します。
お稽古の後、きもの姿でお出かけになるのもよろしいかと思います。
その際は、草履をお忘れのないように。

パーソナルレッスンをお受けの方は、改めてメールにてご連絡させて頂きますので宜しくお願いいたします。

パーソナル着付け教室

       
今回初めてパーソナルレッスンをお受けになる生徒さんです。
今日は、お母様から受け継いだ大島紬と染めの帯を使って着付けのお稽古を行いました。
着物を着付ける上で最も重要なことは、補正です。
着物は直線のまま仕立てられているので、帯や着物にシワができないように着ることが美しい着姿へつながります。
体のくぼみであるウエストやヒップの上にタオルなどを補って、寸胴で着物向きの体を作ります。
基本の補正だけでもいいのですが、もっと着姿を美しく見せたい場合(礼装や正装)は、さらにバストを鳩胸にするために補正をプラスします。
補正~長襦袢~着物~帯結びまでの一通りの着付けを繋げていき、所々にポイントや難所がありましたが、とりあえず着てみるということが大切です。
きものと帯のしくみが分かってくるので、最初は何となく感覚が掴めたという具合でよろしいかと思います。
とても素敵なお着付け姿になりました。
次回は、さらに細かいポイントに注意しながら、より美しい着付けへと進んでいきましょう。

きもの着付け教室

                             
今年に入り二回目のお稽古です(前回の様子はこちら)。
今日は、小紋や紬のきものと名古屋帯の手結びと作り帯の練習を行いました。
今回のきもののポイントは、裾合わせです。
きものを羽織った後、下前と上前を合わせていくのですが、この時下前の褄を床から15cm引き上げてから上前を被せるようにします。
こうすることによって、きものの裾がフレアスカートのように広がらず、すっきりとした裾窄まりになります。
作り帯のポイントは、胴に巻く際、最後の端の部分が背中の真後ろになるように調節しながら巻いていくようにします。
またお太鼓は枕ガーゼでしっかり結ぶことによって固定されるので、肩甲骨にぴったりと当てましょう。
手結び帯は、左手後ろで一巻目の輪を持ち、右手横で二巻目の輪を持ってしっかりと締めることがポイントです。

     
仕上げは生徒さん方がお互いに修正しあって行い、美しい着物姿になりました。

羽織と道行

       
今日きもの着付けをさせていただいた、初釜茶会へお出かけのお二方です。
それぞれ羽織と道行きをお召しになっていらっしゃいます。
羽織も道行きも共に、着る時期は秋から春までになります。
羽織は、最も一般的な着物のアウターとして昔から着られています。
外はもちろん室内で着ていても良いとされていますが、膝下10cm程の丈の長羽織は室内では脱いだ方がよろしいかと思います。
防寒用として、また帯やきものをほこりや汚れから守るためのものとして使われてきたアイテムです。
羽織紐は、組紐が一般的ですが、最近ではマグネット式のタイプもあります。
道行は、きものの衿が見えるように襟元が四角く開いた道行衿のスタイルのコートです。
カジュアルなきものからフォーマルなきものまで、オールマイティーに合わせられ重宝します。
道行は、あくまでも外出着なので、部屋の中に入るときには脱ぐことがマナーです。
用途やお出かけ先によって着分けるとよろしいでしょう。

付下げ☆茶道初釜

       
こちらのお客様も着付け教室にご参加下さっている生徒さんで、初釜の茶事にご参加されるということで、着付けをさせていただきました。
お着物は、上品が漂う落ち着きある白藍色に染め上げられた付下げ。
練色の暈しに、細かく描写された童子の表情が見とれるほど美しく愛らしい雰囲気を醸し出しています。
帯は、銀地に薄桃色の花々が織り込まれた袋帯。
二重太鼓に平の帯締めと同系色の帯揚げで、正統派の装いを演出してみました。
お運びもされるということで、動きやすく裾を短めにいたしました。
清々しい新春の茶事を楽しんでお過ごしください。

色無地☆茶道初釜

       
いつも着付け教室にご参加下さっている生徒さんですが、今日は茶道の初釜茶事にご参加されるということで、私が着付けをさせて頂きました。
お着物は、落ち着いた銀灰色に染め上げられたちりめん地の小紋色無地。
ほんのりとした艶めきは、さりげなくも奥深い独特な魅力を感じさせてくれます。
帯は、こちらもシックでありながら猫の意匠が可愛らしい名古屋作り帯。
愛らしく洒落味溢れ、遊び心も感じられます。
シックにまとめられた表情は小物合わせもしやすく、紫色の帯揚げで引き締まった装いで演出されています。
今日はお運びもされるとのことで、動きやすく裾を短めにいたしました。
新春を祝うお茶事を楽しんでお過ごしください。

振袖☆祝成人式

        
三年前、お姉様の成人式の時に振袖着付けをさせて頂きました。
この度成人の門出を迎えられる妹様のお着付けで、再び伺ってまいりました。
同窓会のお祝いにご参加されるということで、ご成人おめでとうございます。
お着物は、お母様から受け継がれたという清楚な白色の振袖。
紗綾形の地紋が浮かび上がる高雅な絹地には、細やかな古典柄が豪華絢爛に描かれています。
帯は、金の輝きが贅沢に彩られた丸帯。
上から下へと斜めに流れる線の上に大輪のバラを咲かせたようにイメージした創作帯結びをさせていただきました。
人生に一度の成人お祝いの日を同窓の方々と楽しくお過ごしください。

成人式のお客様より

先日はわかやぎさんで素晴らしい着付けをしていただき、本当にありがとうございました。


特に扇子を模った帯結びは圧巻で、今さらながら着物の華麗さと独創さに感動いたしました。


娘も友人から大絶賛だったようで、着物も全く苦しくなく、着崩れも一切していないと、非常に喜んでおり、またぜひ着たいと申しております。


スナップ写真を母に見せましたが、着物好きな母も大変喜んでおり、帯結びに感心しておりました。


撮影のお写真はまだ手にしておりませんが、家族や親戚に見せるのが楽しみです。


この度は本当にありがとうございました。


機会がありましたら、ぜひ次も圭先生にお願いしたいと思います。


今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

振袖☆祝成人式

        
本日成人の日の門出を迎えられるお客様がおいで下さり、振袖の着付けをさせていただきました。
新成人の門出を祝う式典にご参列されるということで、ご成人おめでとうございます。
お着物はお母様から受け継がれたという、シックで高級感あふれる振袖。
黒色に染め上げられた極上の絹布に、古典を追求した日本の伝統美が描き出されています。
比翼仕立て重ね襟が、格調の高さを物語っています。
帯は繊細に輝く銀糸がたっぷり使われた銀色の地に、柔らかな模様があしらわれた袋帯。
お着物の模様に合わせた扇をふんだんにあしらった創作帯結びと帯締め結びで、豪華さを演出させていただきました。
希望に満ちた未来に、心より祝福をお贈りいたします。

振袖☆祝成人式

        
本日成人の日を迎えられる素敵なご姉妹が、振袖着付けでお見えになりました。
新成人の門出を祝う式典にご参列されるということで、ご成人おめでとうございます。
お姉様のお着物は、白色から赤色へと雅に染め上げられた鹿の子総絞り地に、辻ヶ花が絢爛豪華に咲き誇る振袖。
帯は幻想的なブルーの地に花々が織り込まれた袋帯。
文庫結びに華やかさを増したアレンジの創作帯結びをさせていただきました。
妹様のお着物は、清雅な白色を基調とした鹿の子総絞り地に、大輪の花がうっすらと浮かび上がる気品ある振袖。
帯は、ふんだんに施された金糸が輝きを放つ袋帯。
縁起のよい結び目を組み込んだアレンジの創作帯結びをさせていただきました。
共にお母様とご親戚から受け継がれたという、思い入れのあるお着物です。
これからの輝かしい未来に向けて、さらに羽ばたかれますようお祈りいたします。

振袖☆祝成人式

        
藤が丘 RAZY hair design様にて、本日成人の日の門出を迎えられるお二人目のお客様です。
新成人の門出を祝う式典にご参列されるということで、ご成人おめでとうございます。
お着物はお母様から受け継がれたという、綸子地に紗綾形の地紋が織り込まれた高雅な振袖。
その絹地に豪華絢爛にあしらわれた鮮やかな美匠が、流れるように描かれています。
帯は深緑色の地に、金糸の美しい輝きが古典文様で表わされた重厚な袋帯。
お着物の扇模様を帯結びでも表現できるような創作帯結びをさせていただきました。
日々、新たな世界が開けていきますよう、お祈りいたします。

振袖☆祝成人式

        
成人の日の今日、藤が丘 RAZY hair design様にて成人を迎えられるお客様の振袖着付けをさせていただきました。
新成人の門出を祝う式典にご参列されるということで、ご成人おめでとうございます。
お着物はお母様から受け継がれたという、濃桃色に染められた地に金彩使いの意匠が彩られた振袖。
袖と裾には濃紫色の暈し染めが施され、幻想的な雰囲気を醸し出しています。
帯は煌びやかな金銀地と黒をベースに、金糸で織り出された重厚な袋帯。
お着物の模様と同じ流れになるようにイメージした創作結びをさせていただきました。
希望に満ちた未来に、心より祝福をお贈りいたします。

付下げ☆茶道初釜

       
茶道のお稽古で着付けの手伝いをさせて頂いておりますお客様です。
今日は初釜のお稽古ということで、生徒の皆さんが着物でお点前をされることになりました。
お着物は、絹の輝きがまばゆい綸子地の付け下げ。
しっとりと淡い桃色のちりめん地に染め描かれた古典衣装が、初釜のお席にぴったりです。
帯は、高尚な金の地に多彩の古典文様が尽くされた袋帯。
初釜に相応しい二重太鼓で、帯揚げと帯締めは薄い桃色ではんなりと。
新春初のお稽古ということで、花びら餅の重菓子と濃茶・薄茶が振舞われ、心新たに雅な時間を過ごすことができました。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2