FC2ブログ

振袖☆祝成人式

        
三年前、お姉様の成人式の時に着付けのお手伝いをさせて頂きました。
この度成人の門出を迎えられる妹様のお着付けで、再び伺ってまいりました。
同窓会のお祝いにご参加されるということで、ご成人おめでとうございます。
お着物は、お母様から受け継がれたという清楚な白色の振袖。
紗綾形の地紋が浮かび上がる高雅な絹地には、細やかな古典柄が豪華絢爛に描かれています。
帯は、金の輝きが贅沢に彩られた丸帯。
上から下へと斜めに流れる線の上に大輪のバラを咲かせたようにイメージした創作帯結びをさせていただきました。
人生に一度の成人お祝いの日を同窓の方々と楽しくお過ごしください。

振袖☆祝成人式

        
本日成人の日の門出を迎えられるお客様がおいで下さいました。
新成人の門出を祝う式典にご参列されるということで、ご成人おめでとうございます。
お着物は、お母様から受け継がれたという、シックで高級感あふれる振袖。
黒色に染め上げられた極上の絹布に、古典を追求した日本の伝統美が描き出されています。
比翼仕立て重ね襟が、格調の高さを物語っています。
帯は、繊細に輝く銀糸がたっぷり使われた銀色の地に、柔らかな模様があしらわれた袋帯。
お着物の模様に合わせた扇をふんだんにあしらった創作帯結びと帯締め結びで、豪華さを演出させていただきました。
希望に満ちた未来に、心より祝福をお贈りいたします。

振袖☆祝成人式

        
本日成人の日を迎えられる素敵なご姉妹が、振袖着付けでお見えになりました。
新成人の門出を祝う式典にご参列されるということで、ご成人おめでとうございます。
お姉様のお着物は、白色から赤色へと雅に染め上げられた鹿の子総絞り地に、辻ヶ花が絢爛豪華に咲き誇る振袖。
帯は幻想的なブルーの地に花々が織り込まれた袋帯。
文庫結びに華やかさを増したアレンジの創作帯結びをさせていただきました。
妹様のお着物は、清雅な白色を基調とした鹿の子総絞り地に、大輪の花がうっすらと浮かび上がる気品ある振袖。
帯は、ふんだんに施された金糸が輝きを放つ袋帯。
縁起のよい結び目を組み込んだアレンジの創作帯結びをさせていただきました。
共にお母様とご親戚から受け継がれたという、思い入れのあるお着物です。
これからの輝かしい未来に向けて、さらに羽ばたかれますようお祈りいたします。

振袖☆祝成人式

        
藤が丘 RAZY hair designにて、本日成人の日の門出を迎えられるお二人目のお客様です。
新成人の門出を祝う式典にご参列されるということで、ご成人おめでとうございます。
お着物はお母様から受け継がれたという、綸子地に紗綾形の地紋が織り込まれた高雅な振袖。
その絹地に豪華絢爛にあしらわれた鮮やかな美匠が、流れるように描かれています。
帯は深緑色の地に、金糸の美しい輝きが古典文様で表わされた重厚な袋帯。
お着物の扇模様を帯結びでも表現できるような創作帯結びをさせていただきました。
日々、新たな世界が開けていきますよう、お祈りいたします。

振袖☆祝成人式

        
成人の日の今日、藤が丘 RAZY hair designにて成人を迎えられるお客様の振袖着付けをさせていただきました。
新成人の門出を祝う式典にご参列されるということで、ご成人おめでとうございます。
お着物はお母様から受け継がれたという、濃桃色に染められた地に金彩使いの意匠が彩られた振袖。
袖と裾には濃紫色の暈し染めが施され、幻想的な雰囲気を醸し出しています。
帯は煌びやかな金銀地と黒をベースに、金糸で織り出された重厚な袋帯。
お着物の模様と同じ流れになるようにイメージした創作結びをさせていただきました。
希望に満ちた未来に、心より祝福をお贈りいたします。

付下げ☆茶道初釜

       
茶道のお稽古で着付けの手伝いをさせて頂いておりますお客様です。
今日は初釜のお稽古ということで、生徒の皆さんが着物でお点前をされることになりました。
お着物は、絹の輝きがまばゆい綸子地の付け下げ。
しっとりと淡い桃色のちりめん地に染め描かれた古典衣装が、初釜のお席にぴったりです。
帯は、高尚な金の地に多彩の古典文様が尽くされた袋帯。
初釜に相応しい二重太鼓で、帯揚げと帯締めは薄い桃色ではんなりと。
新春初のお稽古ということで、花びら餅の重菓子と濃茶・薄茶が振舞われ、心新たに雅な時間を過ごすことができました。

着付け教室☆新春初稽古

     
今年初のお稽古では、小紋のきものと名古屋帯の手結び及び作り帯の練習を行いました。
今日のポイントの一つは、肌襦袢の着方です。
衿あしの部分は拳一つ分以上空くように、また肩の部分も長襦袢の衿から見えないように、ふわぁっとだらしなく身につけるという点です。
きものを着付ける場合は、裾線を決める際に左手の上前と右手の下前がピンと張り合うように持ちましょう。
また、紐や伊達締め、帯締めや帯揚げなど結ぶものは全て自分から見て左を上にして(他装の場合は相手に対して右が上になるように)結びます。
きものの衿の合わせ方と同じ方向と覚えておくと良いでしょう。
胸元が落ち着いて帯も美しく結べました。

謹賀新年

                             
明けましておめでとうございます。
本年も変わらぬお引き立てのほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2