FC2ブログ

着付け教室☆小紋・名古屋帯と袋帯

                               
今日の着付け教室は、新しい生徒さんが加わり、小紋の着物と名古屋帯による一重太鼓および袋帯による二重太鼓のお稽古を行いました(前回の様子はこちら)。
今日のポイントは、帯を結ぶ時の巻き方です。
まず胴に巻く帯の輪が下になるようにして、手先を左肩に掛け、右手に持った帯を胴に巻いていき、後ろでニ巻き目に入った時に、背中側の帯の輪を下から左手で引っ張ると右脇下の帯の上線がスッキリします。
次に左右の手でそれぞれに伸びた帯の輪を水平に引き合い、帯を締めてから、左側の手先だけ後ろに振り払います。
手先に遊びができないように斜め下前へ持っていき、帯の下線で折り紙を折るように手前に折り上げ、前で仮押さえします。
その後、左後ろでお太鼓クリップで止めるとより強固になります。
お太鼓クリップまたは帯クリップを用いますが、なければオフィス用のバインダークリップでも構いません。
帯結びの際のこの作業は、美しい帯姿を作るためにはとて重要なポイントなので、数を重ねて身につけていって頂ければと思います。
          
皆さん、ご自分で着付けられた着姿で、とても綺麗に仕上がりました。

振袖☆結婚式

        
澄みきった秋空が感じられる今日、ご友人の結婚式に出席されるというお客様の着付けお手伝いをさせて頂きました。
お着物は、叔母様から受け継がれた総絞りの振袖。
凛と冴え渡るような浅葱色の絹地に、鹿の子絞りや花の絞りが贅沢に全体に施されています。
たっぷりと用いられた絹の地からは、お袖を通すと重みが感じられる上質さが感じられるかと思います。
帯は、こちらもお着物と合わせて仕立てられたという、金糸がふんだんに織込められた重厚感ある袋帯。
お祝いの席ということもあり、縁結びにお目出度い扇をいく層にも重ねた羽根に加えてみました。

                            
きものバッグと小物類を包んだ風呂敷包みは、このようにお持ちになると美しいでしょう。
また階段を昇り降りする際は、バッグ類は左手に持ち、右手で着物の褄下を軽く摘んで立ち振る舞うといいでしょう。
お喜びの晴れやかな場で、一際華やかさを演出してくれることでしょう。

付け下げ☆炉開きお茶会

       
いつもご愛顧いただいておりますお客様です。
先月はお料理教室の5周年パーティーへご出席でしたが、今日は茶道の炉開きお茶会ということで着付けのお手伝いをさせて頂きました。
お着物は、初めてお召しになられるという洗柿色の付け下げ。
大菊の花が立体感ある色彩で、柔らかな地に際立って描かれ、高貴な気品を醸し出しています。
帯は、黒地に月が金・銀・白の箔糸使いで織り込まれた全通柄の袋帯。
お着物との色バランスを考え、前面の柄の位置を少し変えて結んでみました。
今日は半東のお役をされるということですので、お着物の裾を少し短めにさせて頂きました。
この度は炉開きおめでとうございます。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2