FC2ブログ

プライベート教室☆夏小紋・名古屋帯

今日初めてプライベートレッスンをお受けになる生徒さんです。
第一回目は、夏小紋と名古屋帯での一重太鼓の結び方を行ないました。

R0040784 - コピー R0040786 - コピー R0040787 - コピー
まず道具一式を揃え、肌襦袢を着た後に補正タオルをします。
着物は袖畳みにして整え、帯を折りたたみ、各道具も取りやすいように並べます(写真左上)。
長襦袢~きものを羽織る時は、人差し指に共衿の中心を掛けながら後ろから両肩に羽織ります(写真中央上)。
着物着付けは立ち居振る舞いから美しくありたいものです。
きものを羽織った後、共衿を持ち左右に広げて畳スレスレまで降ろします(写真右上)。

R0040788 - コピー R0040789 - コピー R0040790 - コピー
最初に上前の裾の位置を決めてから、左右の手を変えながら下前を巻きます。
そして手首を使って下前の褄先を床から15cm程上げた後、上前をかぶせます(写真左上)。
腰ベルトをしっかりと締めて裾合わせを整えた後、上半身を整えていきます。
両側の身八つ口から手を入れて軽く前後を整え、共衿と背中心を持って中心を確認してから襟元を整えます。
クリップ付き伊達締めを使い、下前の共衿をウエスト辺りで留めた後、上前の共衿を留めます(写真中央上)。
この時、上前と下前のおはしょりが二重にならないように、下前のおはしょりを斜め上内側に折り上げると、おはしょりのラインがスッキリと美しくなります(写真右上)。

R0040793 - コピー R0040794 - コピー R0040795 - コピー
伊達締めを巻いた後、背中のシワを取り除きます(写真左上)。
帯揚止め具を後ろではさんで、帯を固定させます(写真中央上)。
垂れを前に持ってきて、垂れ先から約80cmの所にお太鼓枕を当て、お太鼓を作ります(写真右上)。

R0040797 - コピー R0040799 - コピー R0040800 - コピー
お太鼓を後ろへ持っていき、肩甲骨に当てて帯枕ガーゼと帯あげを前で結んだ後、下の遊び部分の処理をします(写真左上)。
仮紐を使ってお太鼓を作った後、手先を後ろに回して処理します(写真中央上)。
垂れが人差し指の長さになるように調節したら、最後にお太鼓の下線・帯の下線・手先の下線・垂れ先の端、この四つの線をきちんとクロスさせることが大切です(写真右上)。

R0040801 - コピー   R0040802 - コピー
涼しげな夏の装いに着上がりました。
次回は7月21日18時にお待ちしていますので、よろしくお願いいたします。

7月の着付け教室スケジュール

7月のお稽古は、第2月曜日(11日)と第3月曜日(18日)になりますので、よろしくお願いいたします。
ご参加される方は、あらかじめご連絡いただけますようお願いいたします。

着付け教室☆夏小紋・名古屋帯

R0040769 - コピー   R0040770 - コピー
今日は、前回初めてご参加の方の二回目のお稽古でした(前回の様子はこちら)。
ご自宅で自習されたとのことで、重要なポイントをしっかり覚えていてくださいました。
肌襦袢~補正~着物~帯という順で自装着付けをしていただき、要所要所で説明をさせて頂きました。
今日のポイントは、お太鼓を作る際の処理の仕方です。
前で作ったお太鼓を後ろへ持っていき、肩甲骨に当てて帯枕ガーゼと帯あげを前で結びますが、ガーゼは肩甲骨に食い込む位の意識でしっかりと締めます。
次にお太鼓の下にできた余りの部分を処理していきます。
帯枕の下側左右をピンと張るように布目を伸ばしてから、下の遊び部分を裏面に返し、余った所は内側に入れ込んでベース型または半円形に整えます。
教室ではこの部分は、お太鼓の垂れを持ち上げて鏡を通して生徒さんに見えるように説明しますが、実際一人で着付ける場合はお太鼓の垂れを垂らしたままで、自分の手の感触で行ないます。

         R0040771 - コピー
長襦袢から帯結びまでの一通りの着付けポイントを生徒さんの携帯で写真撮りして、ご自宅で見ながらお稽古できるようにしました。
次回は、前半は名古屋帯、後半は袋帯の結び方、という流れで進めていきたいと思います。

サマーワークショップご案内

このたび青葉公会堂にて、サマーワークショップ ゆかた着付け教室が開かれることになりました。
ご興味のある方は、ぜひお問い合わせいただければと思います。
多くのご参加者をお待ち申し上げております。
お申込み・お問い合わせ先:
横浜市青葉公会堂 TEL: 045-978-2400 (9:00~20:00)

<以下青葉公会堂案内より転載>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
平成28年度青葉公会堂自主事業

サマーワークショップ ゆかた着付け教室
ひとりで着られるようになりたい方、帯結びのバリエーションを増やしたい方、美しい所作を身につけたい方などなど・・・女子の皆さん、お気軽にご参加ください!
講座が終わってあーらびっくり。しっとり美人の出来上がり☆ 
着付けで周りと差をつけて、夏のお出かけをもっと楽しんじゃいましょう!

第1回:平成28年7月1日(金)- 入門編

◎ ゆかたの基本、補正について、帯結び(文庫結び ~ アレンジ)

第2回:平成28年7月15日(金)- 応用編

◎ 第1回の復習、帯結び(ほおずき、角だし等バリエーション)、所作


時 間:19:00~21:00(受付18:30)

場 所:青葉公会堂2F 和室

定 員:15名

受講料: 2,000円(全2回) *1回のみの参加も可(1,200円)

持ち物:ゆかた、半幅帯、薄手のタオル2枚、腰紐2本(ウェストベルト、コーリンベルト可)、伊達締め(マジックテープ可)、帯板、肌襦袢(キャミソール、レギンス、スリップ可)*ゆかたと半幅帯をお持ちでない方は、あらかじめご相談ください。

講 師:圭(けい) きもの着付け師、財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格、ウォーキング講師

   R0040717 - コピー

着付け教室☆夏小紋・名古屋帯

R0040658 - コピー R0040659 - コピー R0040660 - コピー
今日は、新しい生徒さんの着付け指導をさせていただきました。
道具一式を揃え、肌襦袢を着た後に補正タオルをします。
長襦袢の後、着物を着付けていきますが、まず上前の裾の位置を決めてから、左右の手を変え下前を巻きます(写真左上)。
目安として、上前の衽線の延長上が右足親指と人差し指の間に合うようにすること。
腰ベルトをしっかりと締めて裾合わせを整えた後、上半身を整えていきます。
両側の身八つ口から手を入れて軽く前後を整え、共衿と背中心を持って中心を確認してから襟元を整えます(写真中央上)。
この時、上前と下前のおはしょりが二重にならないように、下前のおはしょりを斜め上内側に折り上げると、上前のおはしょりのラインがスッキリと美しくなります(写真右上)。

R0040661 - コピー R0040662 - コピー R0040663 - コピー
帯を結ぶ時は、胴に巻く帯の輪が下になるようにして、手先を左肩に掛けます。
右手に持った帯を巻いていき、後ろでニ巻き目に入った時に、下側の帯の輪を左手で引っ張ると右脇下の帯の上線がスッキリします(写真左上)。
帯を左右の手で締めた後、遊びができないように手先を前に持っていきます(写真中央上)。
垂れ先より80cmの位置にお太鼓枕を当ててお太鼓を作ります(写真右上)。

     R0040664 - コピー   R0040665 - コピー
着物~帯の自装を二回行い、二回目はより美しい着姿で着付けることができました。
次回また楽しみにしております。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2