FC2ブログ

着付け教室☆小紋・訪問着・留袖と一重太鼓・二重太鼓

R0039878 - コピー   R0039879 - コピー
今日は新しい生徒さんとご見学の方がお見えになり、賑やかなお稽古になりました。
いつもの生徒さんは小紋の着物と一重太鼓・二部式作り帯を、新しい生徒さんは江戸小紋・訪問着・留袖の着物と二重太鼓の着付けを行ないました。
まず新しい生徒さんの初回は、着付け道具一式を揃えることから始めます。
きものは袖畳みにして整え、帯を折り畳み、各道具も取り易いように並べます。
<長襦袢> 肌襦袢を付け、長襦袢を着ますが、この時衣紋をしっかりと抜き、前身頃は胸を被せるようにして重ねます。

<着物> 着物を羽織った後、まず上前の裾の位置を決めてから、床スレスレに広げ、左右の手を変えながら下前を巻きます。
手首を使って下前の褄先を床から15cm程上げた後、上前をかぶせます。
腰紐をしっかりと締めて裾合わせを整えた後、上半身を整えていきます。
両側の身八つ口から手を入れて軽く前後を整え、共衿と背中心を持って中心を確認してから襟元を整えます。
この時のポイントは上前と下前のおはしょりが二重にならないように、下前のおはしょりを斜め上内側に三角に折り上げます。

<帯> 帯を結ぶ時は胴に巻く帯の輪が下になるようにし、手先を左肩に掛けます。
右手に持った帯を巻いていき、後ろでニ巻き目に入った時に、下側の帯の輪を左手で引っ張ります。
二巻き目は帯をそのまま巻き、帯の両側の輪を左右の手でそれぞれ持って水平に引き合いながら締めます。
その後、左手で持っている手先を後ろに倒して離し、遊びができないよう左脇下で一度折り上げてから前へ持っていきクリップで止めます。
前でお太鼓を作る際は、垂れ先から「垂れ+帯幅」を計った位置に帯枕を置いて、その上に二重になる部分をかぶせます。
この時、かぶせる長さが必ず垂れ先より長くなることを確認しましょう。
お太鼓を後ろへ持っていき、肩甲骨に当てて帯枕ガーゼを前で結びます。
帯枕の下にできる余分な遊びの部分を裏面にし、帯枕の下側左右をピンと張るように伸ばし、余った部分は内側に入れ込んでベース型または半円形に整えます。
仮紐を使ってお太鼓を作り、手先を後ろに回してお太鼓の中を通して整えた後、帯締めでしっかりと留めます。
最後は帯揚げ・おはしょり・お太鼓の形を整え、できあがりです。

今日は着物~帯までの一連を一気に行ないましたが、着付けの感覚や自分で着付けた着姿を見て、まずは達成感を味わうことが大切かと思います。

2月の着付け教室スケジュール

2月のお稽古は、第1月曜日(1日)と第3月曜日(15日)になりますので、よろしくお願いいたします。
ご参加される方は、あらかじめご連絡いただけますようお願いいたします。

着付け教室☆小紋・二部式作り帯

R0039848 - コピー   R0039850 - コピー
先週は雪のためお休みさせていただいたので、今月は一回のお稽古となりました(前回の様子はこちら)。
五回目のお稽古をされる生徒さんが、今日はきものを着ていらしてくれました。
きものを着て外出すると大きな自信になりますし、立ち居振る舞いにも気を付けるようになるのでどんどんお出かけしていただきたいです。
またご見学のお客様がお見えになり、お稽古の様子をご覧いただきました。
前回に引き続き、小紋のきもの着付けと二部式作り帯の付け方を行ないました。
二部式の作り帯は、装着する人の体形や好みによってお太鼓の大きさを調節できるようになっています。
小さめのお太鼓に調節する場合、お太鼓枕をお太鼓の輪の中に入れた時に、背中に当たる裏の部分を少し余らせるように調節します。
手結びでお太鼓を作った時のポイントは、お太鼓の山を崩さないように、背中に持っていった時に、片手で軽く手刀を切ると落ち着きます。
また帯枕の下にできる余分な遊びの部分を裏面にし、帯枕の下側左右をピンと張るように伸ばし、余った部分は内側に入れ込んでベース型または半円形に整えます。

訪問着☆新年会パーティー

R0039809 - コピー   R0039810 - コピー
昨夏の浴衣着付けでお手伝いさせていただいたお客様です。
いつもご愛顧いただきありがとうございます。
今日は、法人会の新年会パーティーにご出席されるということで、着付けのお手伝いに伺ってまいりました。
お着物は、お母様から受け継がれたという落ち着きのある深緑色に染め上げられた訪問着。
深く、吸い込まれるような地色に瑞々しく描かれた金・銀箔の草花模様が華やぎと格調をもたらしています。
帯は、上品なクリーム色の地に落ち着いた色糸と金糸で古典文様が織り出された袋帯。
パーティーのお席でもひときわ目を惹きつけるエレガントさと存在感を醸し出す着姿となられました。
今日は、パーティーの余興でダンスもご披露されるということで、どうぞ楽しい時間をお過ごしください。

振袖☆祝成人式

R0039768 - コピー   R0039775 - コピー

       R0039769 - コピー
本日成人の日の門出を迎えられるお客様のお宅へ伺い、着付けのお手伝いをさせていただきました。
ご成人おめでとうございます。
お着物は、紗綾形の地紋が白い絹地に鮮やかに浮かび上がる振袖。
その清楚な絹地に、豪華絢爛にあしらわれた鮮やかな美匠が金彩豊かに描かれています。
帯は、金の美しい輝きが高雅な文様で表わされた袋帯。
格調高いお着物姿には、武家の女性の結びとして昔から続く伝統的な文庫結びで富貴な印象を演出させていただきました。
日々、新たな世界が開けていきますよう、お祈りいたします。

振袖☆祝成人式

R0039763 - コピー   R0039758 - コピー

R0039766 - コピー R0039764 - コピー
先々月のお茶会の際に着付けのお手伝いをさせていただきましたお客様です。
本日は、成人のお祝いということで振袖のお着付けをさせていただきました。
ご成人おめでとうございます。
お着物は、真紅の絹地に賑わい溢れる古典の花意匠が広がる振袖。
重厚感と艶やかさをまとった表情を表しています。
高雅に織り成された金の無地の袋帯には藤結びをアレンジし、飾り紐でさらに豪華にした創作結びをさせていただきました。
純白の帯揚とご自身がお作りになった貝の帯留めで艶やかさと清楚な雰囲気に。
凛々しいお姿に、ご両親のご期待もふくらんでいることでしょう。
輝かしい将来をお祈りいたします。

振袖☆祝成人式

R0039741 - コピー   R0039744 - コピー

        R0039743 - コピー
先々月のお茶会の際にお手伝いさせていただきましたお客様です。
本日は、成人のお祝いということで振袖のお着付けをさせていただきました。
ご成人おめでとうございます。
お着物は、若やぎ溢れる透明感のある花意匠が散りばめられた振袖。
優雅な色が多様された色使いが可憐な雰囲気を醸し出しています。
お着物の雰囲気と相まった優しい彩りが華やぐ袋帯には、立て矢系をオリジナル創作し、薔薇の花をイメージして演出してみました。

IMG_2972 - コピー   IMG_2971 - コピー
実は、お嬢様の七五三の際にもお母様とお嬢様の着付けお手伝いをさせていただいており、この度お母様から成人式のご用命を承った時にはとても感慨深く、大変ありがたく思いました。
お嬢様のご成人おめでとうございます。
美しく健やかにお育ちになられ、ご両親のお喜びもひとしおかと存じます。
新しい門出をお祝いいたします。

振袖☆祝成人式

R0039746 - コピー   R0039749 - コピー

       R0039748 - コピー
本日成人の日の門出を迎えられるお二人目のお客様です。
ご成人おめでとうございます。
お着物は、淡い白の綸子地に、重みを感じる雲重ねの文様が表された振袖。
古典の普遍性あふれる、風格ある意匠美が広がっています。
帯は、重厚な黒地に金銀糸が華やかに組み込まれた袋帯。
藤結びをさらに豪華にアレンジした創作結びをさせていただきました。
赤い正絹総絞りの帯上げで創作した小花と、飾り枝紐が付いた丸組帯締めでより一層の華やかさを添えます。
人生に一度の成人お祝いの日をどうぞお幸せにお過ごしくださいませ。

振袖☆祝成人式

R0039752 - コピー   R0039755 - コピー

       R0039754 - コピー
「成人の日」の今日、新成人の門出を祝う式典が行われるということで、成人式振袖着付けのお手伝いをさせていただきました。
ご成人おめでとうございます。
お着物は、 落ち着いた濃い深緑色に染められた地に、正統派古典の意匠が彩られた振袖。
凛とした気品があり、格調ある美が感じられます。
帯は、鮮やかな朱赤と煌びやかな金銀地をベースに、お着物の柄と同じ菊文様が金糸で織り出された袋帯。
お着物と帯に合わせて、菊の花の形をイメージした創作結びをさせていただきました。
希望に満ちた未来に、心より祝福をお贈りいたします。

付け下げ☆初釜

IMG_0120.jpg   IMG_0119.jpg
先月、茶筅供養のお茶事ご出席の際にお手伝いさせていただいたお客様です。
今日は初釜のお茶会にご出席されるということで、着付けのお手伝いに伺ってまいりました。
お着物は、やわらかなごく淡い若緑色に、白みの霞ぼかしが施された付け下げです。
現代的な新鮮さとエレガントさが漂って、爽やかな印象を与えています。
帯は、昨年の初釜の際にもお召しになられた新春の行事にはぴったりの花貝模様の袋帯。
帯揚げと帯締めはお着物の柔らかさに合わせ、典雅な雰囲気に仕上がった古典の意匠美の帯は二重太鼓で装いました。
新年をお祝いするお茶会で、上品で落ち着いた雰囲気を演出してくれるでしょう。

訪問着☆かながわ商店街大賞授賞式

IMG_0113 - コピー   IMG_0114 - コピー
本日は、第4回かながわ商店街大賞授賞式にご出席される、わかやぎさんの奥様の着付けお手伝いをさせていただきました。
授賞式では、黒岩県知事より藤が丘商店会理事長でいらっしゃる奥様に特別賞が渡されることになっているそうです。
お着物は、しっとり落ち着きのある源氏鼠色の家紋入り訪問着。
牡丹の花が織り込まれた袋帯に白の帯上げ・帯締めを締めることによって準礼装の装いになり、正式な席での品格漂う存在感が表現できます。
特別賞受賞おめでとうございます。
地域の賑わいづくりに優れた取り組みが表彰され、今後ますます多くの方々に商店街の魅力を知ってもらえることと思います。

新年のご挨拶

         R0039667 - コピー
新年のおよろこびを申し上げます。
旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
きものを通して多くの方々にお会いできましたことに感謝しています。
そして、今年五年目を迎える着付け教室では、さらにお仲間が増え、私も日々精進させていただいております。
皆様に喜んでご満足いただけるよう、これからも努力してまいりますので、本年も変わらぬお引き立てのほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2