FC2ブログ

12月の着付け教室スケジュール

12月のお稽古は、第1月曜日(1日)と第3月曜日(15日)になりますので、よろしくお願いいたします。

きもの着付け教室☆一重太鼓・二重太鼓

         コピー ~ RIMG15946 回転   コピー ~ RIMG15945 回転
今日は、先週に引き続きさらに新しい生徒さんが加わって、賑やかなお稽古となりました。
小紋のきものと名古屋帯一重太鼓、訪問着と袋帯二重太鼓を行いました。
着付けにおいて大切なことは補正ですが、人によって補正の仕方も違ってきます。
肌襦袢を身に付けた後に、タオルや補正道具を使って自分に合った補正をしていきましょう。
補正道具は、お手製のものから市販のものまで様々なものを使って、それぞれお好みで工夫されるといいかもしれません。
初回お稽古で、きもの着付けから一気に帯結びまで行いましたが、完成の着姿を見て自分で着付けられたという自信を持つことが大切。
回を重ねるごとに、手の動きも時間もスムーズになっていくことと思います。
来月も楽しみにお待ちしております。

訪問着☆茶道お茶会

  コピー ~ RIMG15943 回転   コピー ~ RIMG15941 回転
澄みきった秋の青空の今日、茶道のお茶会にご出席されるお客様がお見えになりました。
お着物は、絹の光沢豊かに艶めく黄金色の地、さらりと肌上をすべる質感が美しい訪問着。
優しい辻が花の柄が流麗に賑わい、奥行きのある絞り染めが豊かな表情を添えています。
帯は、凛とした黒鳶色の地が淑やかに光をはらんでいる袋帯。
煌びやかな金糸と深みのある色彩の色糸で、大きな菊花が大胆に織り描きだされています。
帯結びは二重太鼓で、お太鼓の部分に存在感のある意匠を表すようにし、菊の花が右胴前へと繋がるように結んでみました。
正統派の装いの中にも豪華さが漂うように演出させていただきました。
お茶会という澄んだ空間で、美しい佇まいを魅せてくださることでしょう。

着付け教室☆一重太鼓・二重太鼓

             コピー ~ RIMG15931 回転
今日は新しい生徒さんが加わりました。
小紋、付け下げのお着物にそれぞれ一重太鼓と二重太鼓を結ぶ練習をを行いました。
初めてのお稽古で、いきなり着物着付け~帯結びまで一通り行なって混乱されるかも知れませんが、まずは一連の流れを身体に覚えさせていくことが大切かと思います。
着物の襟元、おはしょりの長さ、帯の位置などは、着こなしていくにつれてご自分の身長や体格に合わせて調整していってください。
初めての一重重太鼓と二回目の二重太鼓、美しい仕上がりになりました。

付け下げ☆七五三祝

 コピー ~ RIMG15905 回転   コピー ~ RIMG15903 回転
爽やかな秋晴れの今日、お嬢様の七五三のお参りをされるご家族様がお見えになりました。
お母様のお着物は、御義理祖母様から受け継がれたという付け下げです。
しなやかな肌触りのちりめん地は深い浅葱色。
この地に、日本の伝統文様である菊桐文、竹の文様が表現され、趣深い雰囲気を醸し出しています。
代々受け継がれてきたお着物とあって、不易流行の「美しさ」が香りたつよう。
重ね衿を付けて、襟元に豪華さを添えてみました。
帯は、しっとりとしなやかな絹艶溢れる上質な絹地に清雅な白と銀の糸使いで表現されている袋帯。
着姿に大きな存在感を与える、刺繍ならではの重厚さが漂っています。
7歳のお祝い、おめでとうございます。
お子様のご健康と皆様のご多幸をお祈り申しあげます。

11月の着付け教室スケジュール

11月のお稽古は、第2月曜日(10日)と第3月曜日(17日)になりますので、よろしくお願いいたします。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2