きもの着付け教室☆二重太鼓

               コピー ~ RIMG15842 回転
今まで一重太鼓の練習をされてきた生徒さんが、今日は二重太鼓の帯結びを行いました。
体に帯を巻きつけるところまでは一重太鼓と一緒ですが、お太鼓を作る時に帯枕を当てる位置が変わってきます。
一重太鼓はお太鼓を作った後で手直しができますが、二重太鼓は一度枕を当てたら修正が難しくなるので、この時にしっかりと位置を正しく決めておきましょう。
又、手先をお太鼓の内側に預ける時、一重太鼓の場合は輪が上になっても構いませんが、二重太鼓の場合は輪を下にします。
初めての二重太鼓ですが、大変美しい仕上がりになりましたね。

きもの着付け教室☆一重太鼓

2週続きの台風でお教室もお休みになり、約1ヵ月ぶりのお稽古となりました。
今日は夏の間お休みされていた生徒さんも加わり、久しぶりに着物にお袖を通すことに。
久しぶりとは言え、もうしっかり基本が身についているので、補正~長襦袢~きもの~帯まで一通りスムーズに着付けられていました。
きものではおはしょりの部分を一重にする箇所、帯結びでは帯枕をつけて背中にお太鼓を背負った後に枕の下を整える箇所が忘れやすいので、ポイントとして留めておきましょう。
写真が撮れていなかった為、できあがりの着姿がUPできず、申し訳ありません。

10月の着付け教室スケジュール

10月のお稽古につきまして、第1月曜日(6日)は台風が予想されるためキャンセルになり、第3月曜日(20日)と第4月曜日(27)になりましたので、よろしくお願いいたします。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2